大山 剣ヶ峰

コースタイム
鍵掛峠9:20➡️文殊谷登山口9:30➡️三ノ沢林道口9:35➡️槍ヶ峰12:30➡️三ノ峰12:50➡️天狗ケ峰13:15➡️剣ヶ峰13:35➡️槍ヶ峰14:05➡️文殊谷登山口15:50➡️鍵掛峠16:10

 

 ルート図

コースの状況

標識無し、トレース頼り、間違ったトレースで尾根を進み、此より先危険と判断して、斜面を枝掴んで無理やり降りる。枯れ沢でトレースが不明瞭で蟻地獄のようなガレ場で立ち往生。下山してきた登山者に道を教えてもらい難を逃れた。
槍ヶ峰迄は、急斜面をよじ登る。
尾根から先は、道幅60cmの両側崖の道を慎重に登った。所々にすれ違い場所がある。
午後からガスが出てきたけど、風が無いのがなによりでした。
大山は、弥山へのコースが一般ルート。剣ヶ峰へは、奥穂高岳から西穂高の様でした。

米子自動車道、溝口IC下車、すぐそばのパーキングて見る大山、別名は伯耆富士です。

鍵掛峠から登る、岡山側から見る大山は、姿がまるで違う。北アルプを想像してしまう。

この斜面蟻地獄、登ると崩れるの繰り返し。道を探していると、優しい登山者が教えてくれた感謝です。

登山道は、急な登り、木をつかんでよじ登る。

尖った峰が、槍ヶ峰、とても登れそうにない。の

両側切り立つ崖幅50センチ程度の痩せ尾根、ビビリの連続。

無事、剣ヶ峰到着。私一人記念写真は、無し。

右に見える山が、大山弥山。

密を避けてと選んだコース、標高は1720メートル、アルプ感満喫。帰りは下りの痩せ尾根、ビビリながら下山します。それと午後からはガスが湧いて景色は残念でした。良く知っている登山者は、早く登って、早く降りる様です。

計画通りのコースは、タイムオーバーで来た道を下山します。

 

0

池田富士から朝焼け

9月12日、早朝に朝焼けを見に行きました。太陽は、雲で顔を出してくれませんでしたが、綺麗な朝焼けでした。

5時、恵那山の背後が赤く染まってきた。多治見の街明かり、まだ眠りの中。

雲で、太陽は拝めませんでした。

御嶽山、5時頃は雲が掛かってませんでしたが、5時45分雲が少し掛かって来ました、右に小さく見える山は八海山です。

多治見にも、こんな景色が楽しめる山があります。

 

0

三方岩岳から野谷荘司山

2020年8月29日 男性5名、女性5名

コースマップ

アクセス:記録

白川郷IC下車、ホワイトロード三方岩岳駐車場へ。

登山口→展望台→三方岩岳→馬狩荘司山→野谷荘司山 往復 行き150分 帰り90分 休憩沢山取りました。

情報・感想

ホワイトロードは、1300円の処、半額。

三方岩岳駐車場、トイレ有り、数少ない。

登山口。警察が、登山届けの提出指導。

標高1800m近いのに、とても暑かった。

写真

 

 

 

リンク

多治見ろうざん HP

http://tajimirouzan.main.jp/2020h/8.29sanpouiwatake/sanpouiwa.htm

               

0

加賀禅定道から白山

 

2020年8月1日~3日 メンバー 男性1名 単独

アクセス:記録

白鳥IC下車、R158、R157から瀬名の道の駅より、一里野スキー場へ。
走行時間3:30。
8/1 登山口⇒奥長倉避難小屋 5時間
8/2 避難小屋3:30 ⇒ 油池 ⇒ 四塚山 ⇒ 御手水鉢 ⇒ 大汝峰
   避難小屋へ往復 10時間
8/3 避難小屋 ⇒ 登山口 2時間30分

 

情報・感想

登山口は、スキー場より林道が続いている、終点が駐車場、駐車5台程度。
トイレはスキー場のトイレを使う。
水場は、油池から5分程度の場所にある。渇水期は注意。
避難小屋2階建て20人以上収容可、トイレは有る。
石徹白から白山、一里野と南北縦断がかなった。
人があまり入らないコースな事もあるのか、とにかく高山植物が沢山咲いている。ハクサンコザクラ群落は感動でした、又花の種類はとにかく多い。

写 真


奥長倉避難小屋

天池

百丈の滝

四塚山 ハクサンコザクラの群落
0