氷ノ山

2020年9月22日(火) 曇り時々晴れ メンバー:1名

コースマップ

コースマップ

コースタイム

福定親水公園7:00➡️布滝7:35➡️地蔵堂8:15➡️木地屋跡8:25➡️一口水9:00➡️氷ノ山越9:10➡️仙谷分岐9:55➡️氷ノ山10:40~11:10➡️神大ヒュッテ11:40➡️一の谷12:20➡️東尾根避難小屋12:40➡️東尾根登山口12:50➡️福定親水公園13:20

コース情報

登山道は良く整備されている。登山口には、綺麗なトイレもある。随所に水場があり、夏は助かる。
頂上は、360度見晴らしがきく、今回は残念ですがガスで何も見えませんでした。
登りは、滝を楽しみにしていましたが、木が繁り過ぎて見えませんでした。

写 真

福定親水公園、水洗トイレあり、キャンプ場になっている、川ではアマゴかイワナが釣れる様です。有料です。車は、50台位停めれそう。

歩き出して5分くらいで無名の滝。

布滝、高さはかなりありそうだけど、廻りの木が繁り過ぎて良く見えない。

遭難の慰霊碑かな?

不動の滝があるけど、木が繁り過ぎて良く見えない。

地蔵堂。

木地屋跡、昔は修行の場所だったのかな。

一口水、この山は沢山水場がある、夏向きの山ですね。

兵庫県と鳥取県の県境、氷ノ山越。鳥取からの、登山道もある。強風とまではいかないけど、風が強い、ガスが絶えず湧いて眺望は駄目です。

気になる岩場。

氷ノ山頂上の避難小屋、ガスに包まれてます。

避難小屋、中は綺麗です。囲炉もありました。

千本杉。頂上は景色望めそうにないので、下山しました。

高層湿原の南限があり、湿原保護がしてある。

ブナと、カシの木の原生林。

人面岩。

東尾根避難小屋、このコースは沢山避難小屋かある。冬登る人がいるのかな。

東尾根登山口に到着。スキー場に隣接している。

氷ノ山国際スキー場。

福定親水公園に戻って来ました。

鈴鹿の山のような、コースでした。

出会った花

感想

秋の4連休の3日間、初めて中国地方の山に登った。最初の大山は、想像していた以上のスリルを満喫出来た。無事だったから言えるけど止めたほうが良かったね。

2日の蒜山三山、清里の高原の様な所からスタートで、終始心が癒されました。

最後の氷ノ山は、素晴らしい山だろうけど、天気が今一つで残念でした。残雪の季節にチャレンジしたいと思いました。近くの天空の城、竹田城とセットで登るぞ。

 

 

蒜山三山を縦走

登山、メンバー

2020年9月21日 メンバー1名 上蒜山、中蒜山、下蒜山を縦走。中蒜山は、標高1,122mで、イイフウフ(良い夫婦)のゴロで紹介されて、人気の山です。

アクセス、コースタイム

米子自動車道で、蒜山高原IC下車し、蒜山高原道の駅に向かう。インターから約30分

蒜山高原道の駅6:10→上蒜山登山口7:10→上蒜山9:30→中蒜山10:40→下蒜山8:40→中蒜山登山口15:20

コースマップ

    コスマップ

感想他

蒜山高原は、ひるがの高原を大きくした広い高原避暑地で、観覧車がある遊園地がある、中国地方では、有名な場所の様です。朝の歩き初めは、牧場の牛の鳴き声が、とても気持ちを癒してくれました。上蒜山の登りは、最初は階段が整備された登りが続きます。標高800m辺りから眺めも良く、蒜山高原が一望出来ました。上蒜山の頂上は眺望はありませんでした。中蒜山へは、長い下りの登り返しです。頂上への稜線は日本海が見える稜線です。中蒜山は、蒜山高原側の眺望が素晴らしいです。高原の先に1000m 近い山が連なってみえます。夫婦連れらしき、登山者が沢山見えました。最後の下蒜山も、標高800m近く下って、登り返し、行きは良かったけど帰りはキツかったです。下蒜山も、眺望が良く、広い頂上でゆっくり出来ました。下山は、中蒜山登山口、此処は塩釜の泉と言って、観光に人気スポットで多くの観光客で賑わっていました

写真

蒜山高原のサイクリングロード歩いて、上蒜山登山口に向かう。朝焼けが綺麗です。

登山口は、牧場に隣接していて、放牧の牛が目の前で見れました。6合目辺りから見晴らしが良く、爽やかな風が気持ちいいです。

蒜山高原が一望出来ます。

中蒜山と、下蒜山です。

中蒜山、標高1122m、良い夫婦です。

少しガスが出て来て、視界か悪く成りました。

中蒜山から下蒜山は、おもいっきり下ります。途中からの下蒜山です。稜線からは、日本海が見えました。気になるのが紅葉樹が沢山枯れていることです。

下蒜山です。頂上は広くてゆっくり、景色を楽しみ休むことが出来ます。

下蒜山からは、同じ道を中蒜山迄戻ります、中蒜山からの下りは、今回で一番急な下りでした。

蒜山で見た花々