富士見台冬山体験登山

富士見台冬山体験登山

12月20日 日曜日

参加メンバー:多治見ろうざん6名、大垣労山7名、岐阜ケルン5名、みのハイク10名、瑞浪山の会2名 28名

コースタイム:神坂神社8:40⇒ブナコース登山口9:10⇒分岐10:00⇒萬岳荘11:00~11:40⇒神坂山分岐⇒神坂小屋12:20⇒富士見台12:35~12:50⇒萬岳荘13:10~14:00⇒分岐14:20⇒神社15:20

ルート
      地 図

写  真

神坂神社からブナコース登山口迄はしばらく林道を歩く。カラマツコースは、神社から直登。時間は掛かりますが、楽な方を歩きます。

林道は、雪が圧雪された状態、滑らない様注意。

 ブナコース登山口、此処は陽が良く当たり暖かい。28人全員が揃うまで待ちました。

 恵那山方向、茶色の木々、樹氷の白、青空、3色がとても良いバランス。

カラマツコースの分岐を過ぎると、緩やかな尾根の道が続く、カラマツの間から太陽の陽ざし、雪道にカラマツの影がのびている。

空を見上げると、唐松の樹氷と青い空、輝いてます。帰りには、樹氷は解けて消えてました。

程よい量の雪、気持ち良くツボ足で歩ける。

素晴らしい、眺めに満足顔です。

富士見台の頂上方向、笹の緑と、白い樹氷、このコントラストが富士見台の良いとこかな。

最高の樹氷です。

最初の到着組、瑞浪山の会と多治見ろうざん、最後の大垣労山までは20分以上時間が空きました。

みのハイキングクラブのメンバーは先にスタート、多治見、瑞浪はアイゼンのトラブルがあり、皆から遅れる。

計画では、神坂山を登って富士見台の予定でしたが、一部の会が富士見台に先に向かってしまいました。アクシデント、渡した地図で赤と青で登り下りを表示しておいたけれど、見落としがありました、スタートの時に説明が必要でした。

 鞍部に見える人は、計画通り神坂山を登って降りて来た組。

稜線に小さく見える人影が、直接富士見台に向かった組。

神坂小屋から見る、恵那山。

 富士見台頂上で記念撮影。この時はラッキーでした、青空です。

 多治見ろうざん参加メンバー、1名は先に降りてしまいました。

 左に見えるのが御嶽山、北アルプスは雲の中です。中央に見える山が多分、南木曾岳。

左が南木曾岳、その隣が中央アルプス、摺古木山から見るので、アルプスの様に見えない。

八ヶ岳から南アルプス全山が見れました。

望遠レンズで、甲斐駒ヶ岳。

左は仙丈ケ岳、右は塩見岳かな。

これは北岳と思います。

荒川三岳かな?、左端に黒く見えるのが、富士山ではないか?

頂上から降りてきました。

樹氷の森が続く。

樹氷がもっと育てば、スノーモンスターに。

萬岳荘に戻って来ました。雪の萬岳荘はあまり見る事が出来ない。

 

萬岳荘2階のベランダから。

陽が当たり、暖かいので、ユックリ昼食が楽しめました。

 

緩やかな下りなので、かなりスピードアップ。トップの、瑞浪さんは、元気が良いです。

 神坂神社に降りてきました。立派な杉の木です。この神社は古事記に出てくる古い神社の様です。
 このあたりの山には東山道の表示がありました、神坂峠は難所だったようです。

 

感想:報告

 コロナ感染拡大で、県連の行事も中々出来ませんでした、富士見台冬山体験登山は、参加者が少なくても決行しようと最初から考えていました。結果28名と多くの参加があり、開催して良かったと思いました。県連も各山岳会も、登山を通して繋がっている仲間の輪なので、登山を通しての交流をこれからも大事にしたいと思いました。
 雪は4日前に多く振りました、その前は雪の無い富士見台でした、寂しいなと思っていたら、クリスマスプレゼントです。天気も最高で、綺麗な樹氷が見れて、南アルプスの山々を見る事が出来ました。
今日が雪山デビューの方も数名見えました、初心者の方に冬山の素晴らしさや楽しさを体験してほしいと、企画した登山が、良い結果になったのが、合わせて良かったです。

岐阜県連遭対部長 西部

 

芥見権現山クライミング さぶの会

芥見権現山クライミング

2020年12月5日

メンバー:  1名 会員外13名

場所及びアクセス:国道156芥見5丁目左折、東部クリーンセンター

練習内容

トップロープで、10mから28mの岩場、各所クライミング。

時間:8:30~15:00

写  

 

 

 

 

 

 

 

 

感  想

 今年最後の、岩登り練習が出来ました。
きょうは、日本勤労者山岳連盟岐阜県連に加盟の山岳会6団体が合同で練習をしました。まるで県連の行事の様でした。
 色んなルートを登れて、充実した一日でした。

屏風山山群を満喫

屏風山山群を満喫

12月12日 土曜日

メンバー:   男性4名、女性5名

歩いた足取り

コースMAP

コースタイム

大草登山口07:57⇒09:10中電鉄塔見晴らし⇒09:40中電鉄塔坊主山天望⇒10:50坊主山⇒11:10北屏風山⇒11:20大栂の木⇒11:30屏風山11:50⇒12:00八百山⇒12:10馬ノ背山⇒12:30黒の田湿原12:50⇒13:00田代山⇒13:20月山⇒13:40笹神山⇒14:00黒の田山⇒15:05大草登山口

写   真

 多治見ろうざん、今年最後の行事、会山行。全員が現地に車で集合。コロナ感染を考えての登山スタイルです。

参加者9名、準備体操をしてスタートです。

 

 私は、屏風山は4度目ですが、今回は10山を制覇する登山です。里山の奥の深さを満喫です。

 歩きやすい尾根を歩きます、あまり寒くなく、程よいあせを掻いて歩きます。

ーム

 

 木の間から、丸山が見えます。主人公になる名前ではないですが、脇役として何処にでもある山の名前です。

 眼下には、ゴルフ場。御岳山が見える方向だと思いますが、雲で見えません。

 急な斜面をトラバース、歩いている人が少ない様で、足元が悪い。

中電鉄塔の保守点検道なので、所々鉄塔があり、そこが天望スポット、目の前は坊主山だそうです。

 難路を過ぎて、登山コースに出ました。左に行けば屏風山ですが、きょうは左へ。

鉄塔の展望ポイント、正面は笠置山、右に二ツ森山、かすかにですが南木曾岳も見えました。

 

 炭焼きの跡のようです。

 坊主山到着。

 御嶽山天望台です。今日は見えません。笠置山が見えます。

 北屏風山、此処から屏風山に向かうのかと思ったら、急降下。

 急降下の理由は、大栂の木を見るためでした。私は初めて見ます。

 栂の木の大きさが良く分かります。

 登山口から3時間30分、良く歩きました、昼食です。陽が差さないので、暖かいうどんがとても良いです。

 天気が良いと、白山が見えるのですが、きょうは多治見県境の高社山や、鳩吹山が見えました。

 八百山、標高が800mとの事です。

馬ノ背山、この先に天望台が有るそうです、昔は屏風山は木があって展望が悪く、此処の岩場が、唯一の展望台の様です。

 黒の田の湿原、雨が少ないので、殆ど水が有りません。

 シーズンオフですね、登山者は4名でした。

 寿老の滝、方向へ向かいます、何処を歩いているか、まったくわかりません。携帯アプリのヤマレコを見て、何処に向かうかわかる。

 屏風山山群の中で一番標高が高い山です。田代山です。

 きょう、一番トレースが薄い道です、ショウトカットの道かな。

 月山、月が見えるのかな、道祖神の石碑がある。

 笹神山の大栂の木。

 

 きょう、初めて沢を横断します。

 黒の田山、きょうの10番目の山です。

 カエデかな、きょう一番の美しい紅葉です。

 

良く歩きました、お疲れ様です。

感 想

 会山行リーダーが、屏風山を知り尽くしていることが良く分かりました。参加者に見てほしい、歩いてほしい、気持ちが良く伝わる登山でした。私はこういう登山が大好きです、充実した登山でした。
 今回のコースは、地図が読めるか、登山帯アプリを使いこなせないと、歩けないコースでした。里山を歩くには良い勉強になりました。

 

忘年登山 池田富士

忘年登山 池田富士&イチゴ狩り

2020年12月6日 日曜日

メンバー:17名 (体験山行参加1名)

コースMAP

地 図

コースタイム

喜多緑地公園8:50 ⇒ 池田富士10:50~11:20 ⇒ 廿原11:30⇒廿原イチゴ園11:40~12:40 ⇒ 喜多緑地公園14:00

写 真

準備運動して、9時スタート。

喜多緑地公園を出て、国道19号の交差点、左に、池田富士が見えます。交差点を渡ってすぐに、左に登山道に入ります。

少し歩くと、展望の良い丘に到着、目の前に、高社山です。白山も見えました。

途中に、一ヶ所だけ、御嶽山が見える場所です。きょうは、幸運に見えました。

 

喜多緑地公園から、約1時間、池田富士の林道に出ました。

林道終点、石の鳥居の、池田富士参拝の道、左は多治見ろうざん作の道標です。5年たちましたが、綺麗です。

石の鳥居から、約20分、池田富士に到着。多治見ろうざんの、道標が出迎えてくれます。

頂上から見る、多治見の街です。来年は多治見の中心に、29階建てのタワーマンションができて、様子が又変わります。

頂上での記念写真。

頂上からの、下山道、このコースは、私以外きょう初めて。ピンクのリボンが良く目立ち、歩きやすかったと思います。

道祖神の、石碑、昔は利用された道だろう。

廿原に出ました。山田林業の脇に出ます。

道路に出て、直ぐに右に農道歩く、農業用水の、ため池を過ぎると、神明神社、鳥居が立派です。

11時に到着、予定より30分早く到着、神社をゆっくり見学。

 

神明神社の隣に、大龍寺、写真の建物は、亡くなられた昔の住職が彫られた仏像260体あるそうです。この寺、動物供養をしてくれる様です。

廿原花広場公園、トイレ、水道完備で助かります。廿原イチゴ園は、すぐそば。

11時40分、イチゴ狩り、40分1800円。初物イチゴなので、聞いた通りとても美味しいです。沢山食べました。

 

 

イチゴの受粉は、蜜蜂が働いてます。この蜂蜜は。イチゴの味が、するのだろうか。

イチゴや、野菜を販売してました。イチゴ1パック600円でした。私は、2才の孫、二人に買って来ました。ゴ、ゴと言っておおよろこひでした。

イチゴでお腹一杯なので、昼食無しで帰りました。帰りは観音寺川の、脇の登山道を通って帰りました。

感 想

 12月5日は、喜多緑地公園でBBQ忘年会を計画しましたが、残念、コロナで中止になりました。参加も昨年の地球村の忘年会より参加は、少なかった様です。

本来は、忘年会をして翌日登山でした。

池田富士は、多治見ろうざん、創立50周年で皆で、粘土練り陶板のプレートを約半年掛けて作りました。池田町公民館にお願いに行き、許可を頂き建てた経緯があります。頂上からは。多治見市の発展、多治見ろうざんの発展を絶えず見守っています。