入笠山スノーハイク

入笠山スノーハイク

2021年2月28日 快晴

メンバー:7名 男性2名、女性5名

アクセス:諏訪南IC下車、富士見パノラマリゾートへ。ゴンドラ往復、17007円

コースタイム:
ゴンドラ山頂駅09:28⇒09:39入笠湿原09:39⇒09:43山彦荘09:43⇒09:52マナスル山荘09:52⇒10:14岩場コース 迂回コース分岐10:14⇒10:38入笠山11:13⇒11:30首切登山口(仏平峠)11:31⇒11:35首切清水11:3511:49大阿原湿原入口12:3212:46首切清水12:46⇒12:51首切登山口(仏平峠)12:51⇒13:32山彦荘13:40⇒13:42入笠湿原13:42⇒13:56ゴンドラ山頂駅13:56

地図  :  

 360度のパノラマを見て、スノーハイクを楽しむ登山の企画、3人がスノーシューを履いての登山は初めてでした。最初はスノーシューを履くのをためらっていましたが、入笠山の360度のパノラマと、スノーハイクの解放感に満足した一日を過ごせました。

山頂駅到着、多くのスキーヤーです。

 入笠山湿原、雪は思ったより少ない。新雪をスノーシューで踏みしめたいと思っていましたが、登山道はガリガリの状態です。

 最初は湿原内、春はスズランが沢山咲いて、木道の散策路の中です。

 雲一つ無い、快晴です、雪焼けが心配になります。

 蓼科山が見えてきました。

 登りがきつくなりました。スノーシューを履きました。スノーシューデビューの女性3人、着けたくなさそうでしたが、無理に進めました。今回の山行のメインなので。
着けるのは、リーダーの私が指導しました、スノーシューも色々タイプが有るので、着けるまでに時間が掛かりました。

急斜面は、アイゼンやツボ足で登っている人が多く、デコボコでスノーシューは大変登りにくい。

入笠山頂上到着、360°のパノラマ満喫。

 風も無く、ゆっくり休憩。

 スノーシュー勢ぞろい。

諏訪湖を眼下に、北アルプス全山見えます。

穂高岳と、右端は槍ヶ岳かな。?

乗鞍岳

 南アルプス、デッカイのは北岳、左は鳳凰三山かな。?

入笠山からは、甲斐駒ヶ岳が迫力ある姿を見せてくれる。

中央アルプス。

八ヶ岳連峰。

最後が富士山、霞で少しぼやけ気味。

 スノーハイクは雪の林道を歩くのが快適です。時間も有るので大阿原湿原もで歩きます。カラマツの影が雪に生えて綺麗です。

大阿原湿原入口で昼食、眠くなるような陽気です。

下山途中で見えた、八ヶ岳目の前に見えました。向かって右から編笠山、西岳、権現岳、阿弥陀岳は尖って見える、そして赤岳。

 入笠山湿原まで戻って来ました。