経ヶ岳

経ヶ岳 標高1,625m

山行日 2021年7月3日(土曜日)

単独山行

アクセス:可児御嵩ICから白鳥IC下車し、中部縦貫道を
経て国道158号、157号でスキージャム勝山
に向かう。

コースタイム:林道終点7:40⇒法恩寺山8:40⇒伏拝9:05⇒
北岳11:00⇒経ヶ岳11:30~12:30⇒北岳12:55⇒
       伏拝14:20⇒法恩寺山14:50~15:00⇒林道終点
15:30

ルート : MAP

 北陸の経ヶ岳は、荒島岳や白山に向かう途中に見える山で、以前から気になっている山で一度登ってみたいと思っていました。
    夏の登山本番に向けてトレーニングで法恩寺山から経ヶ岳、赤兎山に行く計画で登山を行った。

 法恩寺山有料道路の標識を見落とし、赤兎山に入る登山口迄行ってしまい引返す。有料道路脇に一般道がありその道を登る、スキー場を過ぎて林道を進と中ノ平避難小屋に向かい、更に林道を進。計画より40分遅れになる。

 駐車場から登山道に入ると、中ノ平避難小屋からの道に合流する。良く整備された道を登る。

ヤマボウシの白い花が、緑に映えて目にする。

 

 石畳の道に変わる、昨日の雨で濡れており、滑りそうで心配。

 ギンリョウソウ、森の宇宙人。

 

 法恩寺山に到着、天気が良ければ白山が目に飛び込む事だろう。

 

伏拝、此処までの道は、白山禅定道で、此処で霊峰白山を拝むのだろう。
 此処で禅定道と経ヶ岳への道に分かれる。

 分岐から最初はブナの森の中を進。次第に登山道を覆う木や笹が霧で木に梅雨が溜り体が濡れるので、カッパを着て歩く。

 北岳の少し手前に、赤兎山への分岐がある。此処までの30分位は、笹の藪をかき分けて登った。

 

 

 

 

 

北岳から経ヶ岳までは、ニッコウキスゲやササユリなど多くの花が咲いていました。

 頂上はすぐ其処なのに、霧で見えない。

 経ヶ岳、頂上には六呂師高原からの登山者が10名位いた、法恩寺山からの登山者は私一人でした。
 予定より1時間遅れ、赤兎山は行かない事に決めた。頂上で1時間霧が晴れるのを待ったが残念晴れませんでした。

 帰りに、三角点を確認した。

下りにようやく霧が薄くなり、経ヶ岳の山姿を見せてくれた。

赤兎山への分岐。

ブナ林が素晴らしい。

 

伏拝まで降りて来た。

★ ★ 感  想  ★ ★