焼岳北峰

焼岳北峰

登山日 : 2021年9月19日

メンバー: 8名

アクセス: 多治見ICから中央道から長野道に入り、松本IC
を下車して、国道158号線で沢渡、中の湯に向
かう。今迄見た事の無い車の多さにビックリ
運良く、下山者の車の空に車を停めれた。

コースタイム:登山口9:00⇒広場10:30⇒下堀沢出合10:50⇒
   焼岳北峰12:20~13:10⇒広場13:50⇒登山口15:20

MAP

感 想 : 2020年4月に焼岳を目指したが天気が悪く途中
敗退以来の焼岳登山。前日までは天気が悪かったが、
何度も登っている焼岳の中で、一番の素晴らしい景色
と好天に恵まれた楽しい登山でした。
ビックリは、家に帰ってテレビニュースを見ると、
北アルプスで震度4の地震があった様だ、地震発生時間
が17時なので下山した後で本当に良かった。登山中に
起きていたらと思うと身震いする。2014年の御嶽山噴
火を思い出した。

 

車の多さにビックリ。

昨日の雨で、道はぬかるんでいる。
下山者も多くすれ違う、ご来光でも見に登ったのかな。

視界が開けてきた、紅葉も進んで来ている。

広場にもう少し、前方に焼岳が見えてきた。

広場到着、素晴らしい天気と景色に心躍る。

焼岳、北峰と南峰が見える。

明神岳から前穂高吊り尾根。

雲一つ無い青空。

霞沢岳。

噴煙が見えてきた。

 

 

 

 

乗鞍岳。

沢山の登山者。

噴煙が出ている所が、依然と違っている。

この景色が、良いよね。笠ヶ岳。

南峰。

焼岳の御鉢。

穂高岳の吊り尾根、何度見ても、あの場所に立ちたいと憧れる。

 

焼岳頂上より、槍ヶ岳、穂高連峰。西穂高山荘も綺麗に見える。
かなり前にこの景色を見て、焼岳から西穂高岳、奥穂高岳を縦走した、
事を思い出す。

槍ヶ岳、小槍も見える。

穂高岳、何度も登ったが、憧れの山。

焼岳小屋。

 

 

 

 

白山。

鷲羽岳かな。

笠ヶ岳。

霞沢岳

頂上の景色に大満足して下山。

 

 

うつろ谷から赤坂山

うつろ谷から赤坂山

山行日:2021年9月5日

メンバー:男性2名、女性1名

アクセス:春日井ICから米原JCTを経て北陸道敦賀JCT
若狭美浜IC下車して、折戸谷赤坂山登山口へ。

コースタイム:登山口8:30==耳谷入渓8:50==赤坂山手前
          尾根12:30~13:10==登山口15:10

コースマップ: 地 図

報告 : 沢登、過去の記録を辿ったら、2017年の恵那山本谷川左股以来でした。久しぶりの沢登4人で、とても楽しい一日でした。

 多治見を6時に出発、8時30分到着。沢装備を付ける、いつもと違う緊張感。

登山口から、うつろ谷を眺める。

 最初は沢の縁を登る、砂防ダムが三つある。

最後の砂防ダムを過ぎると、5m位の高さの滝が現れる。
滝壺の縁を歩き、左端をトップロープで登りました。

最初から頭から、滝のしぶきの洗礼を受ける。

 

 10mの滝が出迎える、高巻をして滝を超える。

 

 沢登デビューの青ヘルレディー、果敢に滝を登る。

 

沢の水量も少なくなってきた、沢の左の尾根を詰める。

沢から20分程度登って、稜線に出た。赤坂山の北尾根に来た。此処で沢装備から、登山装備に。そしてユックリ昼食を取りました。

 

トラバースを少しすると、折戸谷への登山道に出ました。山の危機が綺麗な道を下る。

無事登山口に降りてきました。久しぶりの沢登楽しかった。
うつろ谷は、少しレベルが高かったかな。