白馬山荘から白馬岳、鉱山道を下り蓮華温泉へパート3

白馬山荘から白馬岳、鉱山道を下り蓮華温泉

山行日:2021年9月23日~25日

メンバー:2名

アクセス:多治見ICから安曇野IC下車、国道148号線にて
平岩に向かい蓮華温泉に向かう。

コースタイム:9月23日
    蓮華温泉4:30⇒花園三角点9:10⇒朝日岳12:40⇒
朝日小屋13:30
9月24日
朝日小屋5:30⇒雪倉岳9:50~10:10⇒雪倉避難小屋10:30
⇒白馬岳13:30⇒白馬山荘13:50
9月25日
白馬山荘5:30⇒白馬岳5:40~5:50⇒鉱山道分岐10:30
⇒蓮華温泉10:30

コースMAP

報 告:白馬岳は今回で4回目の登山、白馬大池から、欅平
        でした、蓮華温泉からは初めて、鉱山道での下山は念願の
コースでした。

2泊3日の最終日、最高の天気です。昨日は小屋着いた時は、雲に覆われて、山が見えませんでした。今日は剱岳、白馬杓子岳が見えます。

杓子岳、白馬鑓ケ岳をバックに、最高の朝です。

 

5時に朝食を取って、5時半にご来光を求めてスタート。

 

四度目にして、頂上から白馬雪渓を見下ろす。

立山連峰と剣岳、そして隣に毛勝三山。

頂上からご来光を見る、多くの登山者。

白馬雪渓、今年は、飯豊石転沢雪渓、針ノ木雪渓、白馬雪渓を見た事になる。

天気が良い時の頂上の雰囲気は、和やかで大好きです。

白馬岳が、太陽の影になり、日本海に写しだされる、

 

日本海が微かに見える。

白馬岳の張り出した口ばしと、剱岳これが見れたのは感謝です。

小蓮華岳を眺めながら下山。

白馬大池への分岐、昨日と打って変わっての素晴らしい天気に感動。

白馬岳を振り返る。

鉢ケ岳と雪倉岳。
鉱山道分岐。

鉱山道の下山は絶えず、左に雪倉岳の裾野を眺めて歩く。紅葉シーズン最高です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

瀬戸川の仮設端。

 

 

蓮華温泉に戻って来ました。

3日間ともそうでしたが、午前は晴れていても、午後は雲が出ます。日本海からの湿った空気のせいかな。

 

朝日小屋から雪倉岳そして白馬岳 パート2

朝日小屋から雪倉岳そして白馬岳

山行日:2021年9月23日~25日

メンバー:2名

アクセス:多治見ICから安曇野IC下車、国道148号線にて
平岩に向かい蓮華温泉に向かう。

コースタイム:9月23日
    蓮華温泉4:30⇒花園三角点9:10⇒朝日岳12:40⇒
朝日小屋13:30
9月24日
朝日小屋5:30⇒雪倉岳9:50~10:10⇒雪倉避難小屋10:30
⇒白馬岳13:30⇒白馬山荘13:50
9月25日
白馬山荘5:30⇒白馬岳5:40~5:50⇒鉱山道分岐10:30
⇒蓮華温泉10:30

コースMAP

報 告: 23日に宿泊した朝日小屋は、噂通りの良い小屋
   でした。今日は蓮華岳から続く北アルプスを歩きます
素晴らしい天気で、雪倉岳の雄大さ、そして今まで天
気に恵まれなかった、白馬岳からの景色を堪能した。

朝5時の朝食、昨日予約した、おこわご飯を食べた。美味しかった。

昨日風に悩まされた、朝日岳を前に、板敷の登山道をスタート。
テント場は、すっかり撤収されてました。

 

 欅平から白馬岳に続く稜線が見える。その奥に見える尖った山は剱岳かな。

 

水平道か、朝日小屋見納め。

 

毛勝三山。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪倉岳の尾根を登る、振り返ると、朝日岳。

雪倉岳頂上。白馬岳をバックに。

白馬岳。

 

 

雪倉岳避難小屋。

 

 

 

 

 

鉢ケ岳と長池。

 

 

 

鉱山道への分岐。

鉱山道から登って来る登山者。

 

白馬大池分岐の三国境。

雪倉岳頂上では、白馬岳が綺麗に見えたが、近づくにつれて、雲が多くなってきている。

 

白馬頂上、雲が多くなり、景色は今一つ。

 

白馬山荘に14時頃到着。宿泊する場所は、ロールスクリーンで仕切られて、簡易的な個室になっています。コロナ対策がしっかりしている。
夕食まで時間が有るので、スカイプラザでビールを飲んでユックリする。、窓から白馬杓子岳が目の前に見えるはずだか、雲が多く見えず。
近くに座っている、男性二人が多治見の方でした、奇遇でした。

白馬山荘の夕食、ご飯がとても美味しかった。
明日は、最終日天気が良くなることを願う。

 

2泊3日の登山明日は最終日、パート3へ

 

五輪尾根より朝日岳そして白馬岳パート1

五輪尾根より朝日岳そして白馬岳

山行日:2021年9月23日~25日

メンバー:2名

アクセス:多治見ICから安曇野IC下車、国道148号線にて
平岩に向かい蓮華温泉に向かう。

コースタイム:9月23日
    蓮華温泉4:30⇒花園三角点9:10⇒朝日岳12:40⇒
朝日小屋13:30
9月24日
朝日小屋5:30⇒雪倉岳9:50~10:10⇒雪倉避難小屋10:30
⇒白馬岳13:30⇒白馬山荘13:50
9月25日
白馬山荘5:30⇒白馬岳5:40~5:50⇒鉱山道分岐10:30
⇒蓮華温泉10:30

コースMAP

報 告:白馬岳から雪倉岳、朝日岳縦走は、かねてからの
      行きたい山でした。
紅葉の時期を満喫しました。そして朝日小屋の
食事は噂通り美味しかったです。

多治見を22日20時頃出発、激しい雷雨で足止めになる。蓮華温泉には1時前に到着、仮眠をとり4時起床。駐車場は多くの車です。真っ暗なので良く分からない。

登山道の標識が少なく、キャンプ場周辺で、道を探した。上空は綺麗な星が見えた。

板張りの登山道が延々と続く、濡れて滑るので要注意。

 

兵馬ノ平湿原で、山に朝陽が当たる。

今日向かう、朝日岳方向の山。

春はさぞかし綺麗だろう、見慣れない花を発見。

 

 

 

ウメバチソウかな。

 

瀬戸川の橋を渡る。蓮華温泉から標高で約400m下った。

 

白高知沢、二つ目の橋を渡る。開けて明るい場所。

 

立派な橋。

ここから急登、標高350m一気に登る、そこが五輪高原。

五輪高原、今までと景色が一変。そして紅葉が素晴らしい。

 

花園三角点、雪倉岳をバックに。
名前の通り初夏は花園に覆われるのかな。

五輪尾根からは、雪倉岳が絶えず見える、方向によって表情が変わる。

 

五輪山方向。

 

シーズン最後を彩る花々。

 

 

 

 

 

吹上ノコルまでの登山道は、多く小さな沢を横切る、雪が多いのだろう、至所で水が噴き出している。

 

 

 

吹上ノコルに近づいてきた、朝日岳が目に入る。

吹上ノコル、栂海新道の分岐。来年は此処から日本海へ。

頂上手前雪が残っていた。

朝日岳頂上、とにかく風が強い、写真をとって、朝日小屋に向かう。

朝日岳西斜面を下り、朝日小屋に向かう。風がなく穏やかな秋を感じる。紅葉もとても綺麗だ。

小屋は目の前、草紅葉の中を歩く。

朝日小屋二つの小屋の間がテント場の様だ、数張テントが見える。

朝日小屋。

朝日小屋受付、女性主の清水さんが出迎えて貰った。風呂の椅子は、靴を履いたり、脱いだりするのに使う様だ。

 小屋は広い個室でした、明日は登山者が多い様です。今日はゆったり泊まれました。
多くの人が憧れる夕食、食事前にビデオで朝日岳の紹介が流れる。
夕食の品数の多さにビックリ、特に昆布締めの刺身と、ホタルイカの沖漬けが絶品でした。

翌日の雪倉岳から白馬岳は、パート3へ。