スノーハイク 霧ヶ峰

スノーハイク 霧ヶ峰

山行日:1月23日(日曜日)

メンバー:7名

アクセス:多治見IC==諏訪IC==ビーナスライン==肩の小屋駐車場

コースタイム:駐車場9:50⇒車山山頂10:50⇒蝶々深山11:40⇒沢渡13:50⇒コロボッコルヒュッテ14:50⇒駐車場14:50

ルートMAP

報 告:昨年は入笠山のスノーハイクを実施した、今年は霧ヶ峰を計画、霧ヶ峰から八島湿原方向へのスノーハイク、蝶々深山から先は、想像に反して人が入っておらず、トレースが無く、ふわふわの雪の上のスノーハイク、踏み抜くと1m位埋まる、大変なスノーハイクでした。

ビーナスライン、富士見駐車場。天気が下り坂、何時まで綺麗な富士山が見えるか分らないので、肩の小屋手前で写真タイム。富士山の上に傘雲、天気は夕方まで雨は降らない、返って風も弱いだろう。

八ヶ岳と富士山。とても綺麗です。

御嶽山、アップで。

中央アルプス。

北アルプス方向、雲が多くはっきり見えません。

肩の小屋駐車場到着、何とか最後の1台駐車スペース確保。後で来た四駆の車、雪の中に突っ込み中々出れない。うちのメンバーがトイレに会ったスコップを持って来て渡す。

スノーシューを着けてスタート、今年2回目だけど、着けるのに時間が掛かる、練習有るのみ。

気温が低いので、雪の表面が少し凍っている様に見える。

蓼科山から、八ヶ岳連峰。

 

北アルプス。山の上に、傘雲が掛かっている。見えなくなるのも時間の問題。

車山頂上、此処はさすがに風が強い。とてもユックリしておれない。
この山は、何処だろう?

浅間山。

蓼科山と、浅間山。

風の強い車山から降りてきました。車山乗越付近。

これから蝶々深山に向かいます。振り返り車山を撮影。

蝶々深山、多くの登山者は此処まであまり来ない様だ、登山者がいない。

 

前方は八島湿原、道なき道を進む。雪にはまり、スノーシューが取れない、皆悪戦している。

八島湿原から、沢渡方向の道に出る。雪も締まっていてトレースも有り歩きやすい。

沢渡から、車山肩の小屋駐車場の道、トレースがある道を進むと、コロボックルヒュッテ手前で、突然道が無くなる。GPSを確認すると、道が間違っていた。GPSを眺めながら、雪の中を進むと、ようやく正規の道に辿り着いた。
 冬以外は、多くの登山者もおり、道もしっかりしているが、冬の霧ヶ峰は、舐めたらアカンと、反省です。

スノーハイク富士見台

スノーハイク富士見台

山行日:1月15日(日曜日)

メンバー:5人

アクセス:多治見ICから園原IC下車して、ヘブンス園原に向かう。ゴンゴラ、リフトを利用して、スキー場の頂上に向かう。
ゴンドラ、リフト料金2200円。(年齢によって金額が違う)

コースタイム:スキー場8:50⇒展望台9:10~9:30⇒パノラマコース入口10:40⇒神坂峠11:00⇒萬岳荘11:30~12:10⇒神坂小屋12:30⇒富士見台12:50⇒萬岳荘13:20⇒スキー場展望台14:40⇒スキー場15:20
帰り久しぶりに、月川温泉に入浴して帰りました。

ルートMAP

報 告 :今年は、雪が多くスキー場からスノーシューを履いて、楽しい登山が出来た。天候も素晴らしく、富士見台からは360度のパノラマが楽しめました。

人が多いかなと思っていましたが、車は少ない。スノーハイクの人が多い。

時間が早いので、誰も滑走していない。静かです。

どっしりした、恵那山。

山頂リフト終点で、スノーシューははいて、スタート。
林道もしっかり雪があり、スノーシューの道が出来ている。
今日は、千両山に登る計画、雪が多い事もあり誰も登っていない。ラッセルを試みるが、雪が多くて無理でした。

萬岳荘到着、2階の避難小屋で昼食と思っていましたが、鍵が掛かって入れません、残念です。

ピロティーで昼食。

 

神坂避難小屋、黒い外壁が雪に映えて綺麗です。

中央アルプス。

南アルプス。

トレースが頂上まで見える。

中央アルプスの南端。

 

白山も見える。

御嶽山、乗鞍岳、先には北アルプス。

 

南アルプス。

恵那山。

 

 

 

 

 

樹氷の形が、ライオンの様。

色んな形をした樹氷がある。

 

風もあまりなく、穏やかな天候の、富士見台スノーハイクでした。

 

赤城山

赤城山スノーハイク

山行日:1月8日、9日

メンバー:8名

アクセス他:多治見7:10==前橋IC==JR前橋駅==赤城山大沼14時到着。 みやま山荘に宿泊。

行程:8日:小沼駐車場14:20⇒小沼水門14:40⇒小滝氷瀑15:10~15:20⇒小沼駐車場16:00

9日:みやま山荘7:00⇒赤城神社7:15⇒黒檜山登山口7:30⇒猫岩8:00⇒赤城山9:25~10:00⇒大タルミ10:30⇒駒ケ岳10:50⇒バス停11:50⇒みやま山荘12:00

ルートMAP小滝

ルートMAP赤城山

報 告:多治見ろうざんには、東京と横浜に会員がいます。昨年は2度交流登山を計画しましたが、天候不良で実現しませんでした。新年早々リベンジで、赤城山を楽しみました。みやま山荘の、おばあちゃんとってもかわいくて、料理は最高でした。

多治見を7時10分に出ました、横川SAにて休憩、妙義山が正面に見えます。機会をみて又挑戦します。

JR前橋駅で、東京組二人と合流し、途中で昼食をすませ、赤城山大沼のほとりの、みやま山荘に到着。時間が有るので、小滝の氷瀑を見に行きます。

小滝の駐車場に14時到着。

小沼、全面凍っています。子供達が氷の上で遊んでいました。

小沼の畔。

10cm程度の雪。

氷瀑を上から見下ろす。天気が良いせいか、氷が解けて下に落ちる音が谷に響き渡る。

 

 

行きは池の縁を歩きましたが、帰りは氷の上をまっすぐ進みました。氷にヒビが入っていて、スリル満点です。

 

氷の鏡のようです。

みやま山荘に到着。男二人の部屋です。

夕食です、食べきれないほどの料理です。メインの鍋は手打ちのうどんすきです。

宿は、大沼の氷の上にまだ乗れないので、ワカサギ釣りが出来ないので、私達だけです。

 

朝食を6時に頂いて、宿から赤城山へ登ります。

大沼前方は昨日言った小沼方向です。

赤城神社にお参り、立派な神社です。

 

黒檜山登山口からスタート。尾根道を登ります。雪は少ないですが、凍ている所が多く、アイゼンが良く聞きます。
白い山は、浅間山です。長野から見る浅間山と見え方が違います。

かなり登って来ました。大沼が一望できます。

駒ケ岳との分岐に到着。赤城山はすぐ其処です。

赤城山頂上、上信越の山々、一段と白い山が谷川岳。

浅間山。

 

 

谷川岳。

 

 

赤城山から急な下りを一気に降りて、大ダルミから、赤城山を見上げる。

駒ケ岳頂上。

 

駒ケ岳から、大沼を見下ろす。

今日は天気少し心配していましたが、ビックリの好天に大満足です。

みやま山荘に12時に到着、昼食を頂いただき。帰りの準備。

13時過ぎには帰路に着きました。楽しい二日間でした。