春を探しに田原アルプス

春を探しに田原アルプス

山行日:3月13日(日曜日)

メンバー:7名

アクセス:多治見==瀬戸品野IC==豊川IC==田原市==滝頭公園

コースタイム:滝頭公園9:40⇒稲荷山10:00⇒庄十山10:05⇒扇原10:25⇒赤松山10:35⇒不動岳10:45⇒三つ俣10:50⇒藤尾山11:00~11:10⇒西の覗11:30⇒中西山11:35⇒滝頭山11:40⇒恐竜の背11:50⇒仁崎峠12:10⇒衣笠山12:30~13:15⇒桟敷岩13:20⇒からかさ岩13:40⇒藤七原湿原⇒滝頭公園
歩行距離10km

ルートMAP

報 告:1月2月は、雪山を楽しんだ。3月になって庭の梅が咲きいよいよ春を思う。多治見から近い場所で春を感じれる山と思い、探した山が田原アルプス。ネットを検索したら、藤七原湿原のシデコブシの原生林が有ると知り、決定した。コースはアルプスと名が付くだけあって、変化のあるコースでした。ゴールが藤七湿原でシデコブシの花を期待したがまだ早かった。

滝頭公園、広大な敷地でスポーツ、公園散策、キャンプ、衣笠の森遊歩道の登山コースと、多岐にわたる場所。

公園を一旦出て、田原アルプスの東の尾根に向かう。

渥美半島はやはり暖かい、梅も満開。

学習の森の門をくぐり、尾根に向かう。

標高68mの稲荷山、そこには三等三角点が有りました。

庄十山、標高100m。

赤松山

不動岳、滝不動に降りる分岐。

藤尾山、2等三角点がある、正面に三河湾が見える。今日は黄砂が多いのかかすんでいる。

西の覗。

中西山、標高258m。

滝頭山、標高254m。

恐竜の背によって見た。太平洋が見える。

変化があって、面白い。

荷重制限75㎏の自然のベンチ。

仁崎峠。

椿が沢山咲いています。

 

照葉樹林のかしの木かな。田原アルプスは、冬でも緑が綺麗。

衣笠山。此処で昼食。

衣笠山の頂上の岩場から、見下ろす。

 

桟敷岩に立寄る、此処に衣笠山の鬼伝説が紹介されている。

 

桟敷岩。

 

麓から衣笠山を見る。綺麗な形の山だ。頂上から今日の登山で初めて谷筋を下った。この道はまだ新しく、踏み後が薄かった。藤七原湿原に降りた、今日の目的のシデコブシを見るためだ、残念な事に蕾でまだ早かった。シデコブシ満開の湿原を歩いてみたいと思った。

滝頭公園まで道路を歩く、公園手前に浄蓮寺があり、桜や梅が満開でした。今日一番春を感じたひと時でした。

 

多治見ろうざんの2022年度スタート、今年度も、こんな面白い山が有るだ、念願のアルプスや、全国の山に行く計画をたてて、登山の楽しさを会員の仲間と共有したい。