西穂高岳 独標

GW最後に西穂高岳独標

2022年5月7日(土)

メンバー:単独

アクセス:多治見ICから中津川IC下車し、野麦峠を経由して沢渡、新穂高温泉。帰りは高山に出て、東海北陸道で多治見に戻る。

コースタイム:山頂駅9:10⇒西穂高山荘10:20⇒丸山10:50⇒独標11:55~12:40⇒西穂高山荘13:30~14:00⇒山頂駅15:00

ルートMAP:MAP 

報 告:今年のGWは、10連休で長い休みでした、山も4座を登り、登山が充実した週間でした。
 西穂高岳独標は昨年年末から何度も計画したが、天気に恵まれず、今回になった。
 今回はあまり行かない場所にも行ってみた、其処に綺麗な花が沢山あり心を癒してくれました。

多治見を3時に出発、新穂高温泉ロープウェイ駅駐車場に6時到着、車は1台前日からの車だろう。

4年前に来た時は6時で人がいた。早く並ばなくても良さそうなので、周りを散歩する事にした。

焼岳が綺麗に見える川の畔、青空に映えます。

 

槍ヶ岳に登る登山道を少し歩いてみた、結構綺麗な花がさいていました。

 

 

 

 

ニリンソウが沢山さいていました。

 

8時30分始発に乗る、人の少なさにビックリ。
西穂高岳独標に登りそうな登山者はわずかで、ほとんど観光客。

鍋平。

ここからの焼岳が大好きです。

ロープウェイ車窓からの定番、笠ヶ岳、雪が大分解けている。

新型ロープウェイ、初めての乗車。

凛々しい顔立ち。

西穂高岳、雪が無い。

車窓からのもう一つの定番、槍ヶ岳ポツンと見える。

山頂駅、観光地に良くいるカメラマンに写真を撮ってもらう。写真は買わない。

錫杖岳から双六岳位迄見えているだろう。

9時少し過ぎ出発。

播隆上人に手を合わす。

雪は締まって歩きやすい、落とし穴も無い。

最後の急登りでアイゼンを着ける。

西穂山荘到着。人は思ったより少ないテント一つも無い。

乗鞍岳、お出迎え。

 

霞沢岳と上高地。

焼岳。

乗鞍岳。

 

山荘の斜面を登りきると、まったく雪が無い。ピッケルフル装備で来たのに。

 

 

 

岐阜県警の方が大きなザックで登山、訓練を兼ねてかな。
のんびり登山されている、何処まで登るか聞かれた。

独標に登山者がいるのが見える。

 

独標11時55分、11時30分到着ならピラミッドピークまでと考えていたが、時間オーバーなので此処でユックリ昼食。

奥穂高岳と前穂高岳、吊り尾根。此処まで来ないと見れない貴重な景色。

一番手前がピラミッドピーク、西穂高岳は見えているのだろうか。

 

奥穂高岳、アップにすると存在感がすごい。

錫杖岳。

ピラミッドピークに繋がる下り。小屋どまりで挑戦だね。

 

丸山まで降りてきました。

西穂高山荘到着。

名物ラーメンと、最近山小屋ではコカ・コーラにはまっている。

山頂駅に15時、時間もあるので、鍋平を散策して見た。
意外と沢山の種類の花にビックリでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 3000m級の山は、惹かれますね。今年の夏は沢山登りたーい。

 

 

 

GW四国登山 石鎚山

GW四国登山 石鎚山

山行日:2022年5月3日

メンバー:7名

アクセス:行きは剣山の見の越から、美馬ICその後伊予西条で下車。温泉、夕食をとり、石鎚ふれあいの里に宿泊。翌日、6時に出発ロープウェイ駅に6時10分到着。

帰りは、伊予小松ICから徳島を経由、淡路島を横断し多治見に向かう。淡路島で大渋滞、翌日の2時に多治見到着でした。

コースタイム:山頂駅8:00⇒成就社8:20⇒八丁坂8:30⇒コルの茶屋8:50⇒夜明峠10:20⇒一ノ鎖10:45⇒二ノ鎖11:00⇒三ノ鎖11:40⇒石鎚山弥山12:00~12:30⇒天狗岳13:10⇒弥山10:30⇒夜明峠14:10⇒成就社15:20⇒山頂駅15:40

ルートMAP MAP

報 告:5月3日18時に西条市に入り、湯之谷温泉に入浴、少し濁りがある温泉、定期的にお水と、熱いお湯が同じ湯口から出てくるので、間違うと火傷しそう、良い温泉でしした。夕食は計画していた料理店が休日、港近くの魚屋さんに行くが超満員で、多治見にもあるお馴染みの、福武食堂で夕食となる。泊まる石鎚ふれあいの里に着いたのが、20時30分待って頂いたのに感謝、予約のミスがありコーテージに泊まれませんでしたが、広い研修室で泊まれることが出来ました。料金も2000円格安です。
翌朝各自朝食をとり、ロープウェイ駅に6時10分到着、既に多くの車でした。
一番のロープウェイに乗りましたが、鎖場は大渋滞、頂上の弥山から天狗岳も登りと下りの登山者の交通整理があり大渋滞でした。交通整理は山頂神社の氏子の方がされており、大変助かりました。
全ての鎖場を制覇して、天狗岳山頂も踏め、合わせえて素晴らしい天気でとても良かったです。
皆無事下山して、駐車場にある、天狗の湯に入り、汗を流しさっぱりした気分で、多治見に帰りました。途中淡路島付近で大渋滞多治見に着いたのが、翌日の2時でした。

 

朝5時起床、各自朝食、6時少し前に出発。

 

朝ふれあいの里周りを散策、この場所は小学校の跡地利用されている、運動場と体育館、民家も近くに有ります。
ベンチの横は、人形です。

ふれあいの里の前の川、カジカカエル綺麗な声で鳴いていました。

ロープウェイ駅に6時10分到着、既に登山者も沢山いる。

ロープウェイ駅までが、参道になっていて、社や石碑が沢山ある。

8時40分始発、2時間待ちました。

山頂駅展望台、かすんでますが、瀬戸内海も見えました。

綺麗な形の山です、瓶ケ森。四国の山は最後が森で終わる山が多い。理由は?、山・森は同意語なのかな。

今日も最高の天気。

成就社までは、広い整備された道が続く。

突如現れる、立派な石の鳥居。成就社にてお参り。

石鎚山が神様。

山門をくぐって、登山スタート。両脇に小学校や、中学校、高校の建物がある、愛媛いや四国の人は小さい時から石鎚山に登るのかな。

神の域なので、手付かずのブナの原生林が素晴らしい。

 

木の階段が延々と続く。

人だかりと思ったら、試しの鎖を登るのに時間待ち。

試しの鎖のテッペンには、アカヤシオが綺麗に咲いていました。

全体を通して鎖場を下るのは此処だけでした。
八丁坂の茶店が見える。

 

冷やしあめ湯、一杯400円美味しく頂きました。

アカヤシオは唯一ここで見る事が出来ました。

夜明峠、正面にドッカと石鎚山。

一ノ鎖。多くの人なので、間隔を大きく取る事が出来ない。三点支持で落ちない様に。

 

国民宿舎のある土小屋ルートの分岐。

二ノ鎖元小屋、トイレが有るので登山客であふれてる。

二ノ鎖、此処の鎖が一番長かった。

 

三ノ鎖を登り切り、頂上へ。

石鎚山弥山頂上、座る所が無い人の多さ。神社の前の階段に腰を下ろし昼食。

 

頂上山荘、此処も人であふれていた。

天狗岳に向かう最初の鎖場が、行と帰りが交互で、大渋滞。神社の方が交通整理。

 

天狗岳頂上。

堂ケ森方向。

頂上では撮影出来ませんでした。

 

下山は鎖場を通らないコースで下山。道はすごく整備されて歩き安かった。

 

頂上では、計画の1時間以上のオーバーでしたが、多治見ろうざんの、下りの健脚披露。ほぼ計画通りの下山が出来ました。