五輪尾根より朝日岳そして白馬岳パート1

五輪尾根より朝日岳そして白馬岳

山行日:2021年9月23日~25日

メンバー:2名

アクセス:多治見ICから安曇野IC下車、国道148号線にて
平岩に向かい蓮華温泉に向かう。

コースタイム:9月23日
    蓮華温泉4:30⇒花園三角点9:10⇒朝日岳12:40⇒
朝日小屋13:30
9月24日
朝日小屋5:30⇒雪倉岳9:50~10:10⇒雪倉避難小屋10:30
⇒白馬岳13:30⇒白馬山荘13:50
9月25日
白馬山荘5:30⇒白馬岳5:40~5:50⇒鉱山道分岐10:30
⇒蓮華温泉10:30

コースMAP

報 告:白馬岳から雪倉岳、朝日岳縦走は、かねてからの
      行きたい山でした。
紅葉の時期を満喫しました。そして朝日小屋の
食事は噂通り美味しかったです。

多治見を22日20時頃出発、激しい雷雨で足止めになる。蓮華温泉には1時前に到着、仮眠をとり4時起床。駐車場は多くの車です。真っ暗なので良く分からない。

登山道の標識が少なく、キャンプ場周辺で、道を探した。上空は綺麗な星が見えた。

板張りの登山道が延々と続く、濡れて滑るので要注意。

 

兵馬ノ平湿原で、山に朝陽が当たる。

今日向かう、朝日岳方向の山。

春はさぞかし綺麗だろう、見慣れない花を発見。

 

 

 

ウメバチソウかな。

 

瀬戸川の橋を渡る。蓮華温泉から標高で約400m下った。

 

白高知沢、二つ目の橋を渡る。開けて明るい場所。

 

立派な橋。

ここから急登、標高350m一気に登る、そこが五輪高原。

五輪高原、今までと景色が一変。そして紅葉が素晴らしい。

 

花園三角点、雪倉岳をバックに。
名前の通り初夏は花園に覆われるのかな。

五輪尾根からは、雪倉岳が絶えず見える、方向によって表情が変わる。

 

五輪山方向。

 

シーズン最後を彩る花々。

 

 

 

 

 

吹上ノコルまでの登山道は、多く小さな沢を横切る、雪が多いのだろう、至所で水が噴き出している。

 

 

 

吹上ノコルに近づいてきた、朝日岳が目に入る。

吹上ノコル、栂海新道の分岐。来年は此処から日本海へ。

頂上手前雪が残っていた。

朝日岳頂上、とにかく風が強い、写真をとって、朝日小屋に向かう。

朝日岳西斜面を下り、朝日小屋に向かう。風がなく穏やかな秋を感じる。紅葉もとても綺麗だ。

小屋は目の前、草紅葉の中を歩く。

朝日小屋二つの小屋の間がテント場の様だ、数張テントが見える。

朝日小屋。

朝日小屋受付、女性主の清水さんが出迎えて貰った。風呂の椅子は、靴を履いたり、脱いだりするのに使う様だ。

 小屋は広い個室でした、明日は登山者が多い様です。今日はゆったり泊まれました。
多くの人が憧れる夕食、食事前にビデオで朝日岳の紹介が流れる。
夕食の品数の多さにビックリ、特に昆布締めの刺身と、ホタルイカの沖漬けが絶品でした。

翌日の雪倉岳から白馬岳は、パート3へ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です