テント点検

多治見ろうざん テント点検しました。

開催日:11月3日(木)

実施場所:喜多緑地公園

参加者:10名

報 告:多治見ろうざんでは、祝日に昼間例会として、学習会を開催しています。8月11日には、登山に必要な体幹トレーニング、熱中症セルフレスキューを行いました。11月3日は、会所有の装備の点検、特にテントを実施しました。

所有のテント、ツエルトを含め8組を、テント設営しました。最後に防水スプレーをして、乾かしました。
利用する人が少なく、寂しいです。キャンプが巷では流行、登山でなくても、キャンプを楽しむのに使ってほしいです。

ツエルト、設営には最初に、底辺の4点をしっかり固定すると張りやすい。ツエルトポールを使用。
座れば、4人は寒さをしのげる。
(アライテント)2組所有。

ツエルト、片側樹木、もう一方はストックを利用して設営ツエルトは下が分割になっているので、レスキュシート下に敷いて使うと、雨が降っても大丈夫。
(エスパス)

3人用テント、骨組みがしっかりしている、強風でも大丈夫。実際は2人が快適。
(IBS)

5人用テント、冬も使用可能。入口が袋状になっている。ファスナーだと凍結すると、出るのが大変。
内張を張ると、冬も快適。
(エスパス)

冬用テント、軽量タイプは2組ある、古いテントと比べると半分の重さ。

3シーズンタイプのテント、入口がメッシュの蓋が付いているので、暑い夏には最適。

 

私が会に入会前からあるテントなので、多分20年以上と思う。シッカリした骨組みで安心。しかし重いので、現在これを背負って、登山出来る人は、会では少数。

5人用テント、これも年代物です。
会には、持ってこなかったテントが、2組有ります、一つは10人は泊まれるテント、今は利用が無いので、今回は点検を止めました。

会には、テント以外に、大小のコッフェル、ガスバーナー、ランタン、テントで使うものは一通り有ります。
冬登山に使用する道具、岩登りの道具、救助で使用する道具等沢山有ります。今は利用が減って寂しい限りです。

 

定光寺岩トレ

岩場の登り方下り方と、
ナイロンスリングを使った確保

実施日:7月9日、8月17日

参加者:10名(7日)、9名(17日)

ゲレンデ: 定光寺岩場

実施内容:①ナイロンスリングでチェストハーネス
②トップロープで確保して、岩場の登り
方、下り方。
     ③急斜面にロープを張り、クレムハイス
      ト、プルージックで登る、下る。
④鎖場をカラビナ2丁使って通過。

報 告:秋に記念山行で表銀座縦走を計画している、9月末なので、雪の心配、凍結の心配と、危険要因があるので、安全対策として計画を実施。併せて、会の基本装備にナイロンスリング、カラビナを入れているが、その使用方法について合わせて実施した。

 チェストハーネスに安全環付カラビナをセットして、トップロープを掛けて、安全確保して練習。
手元、足元のホールドを確認し、三点支持を考えて登る。
下りは特に岩から体を話して、足元を確認し下る。

 

 

 10kg位の重さのザックを背負って練習。

クサリ場の通過の練習。

 クレムハイストとプルージックで登り降り。

 ロープが8.5㎜なので、細引きが6㎜だと、ブレーキがかかりにくい。6㎜だと、プルージックの方が良い。
 クレムハイストは片手で出来るので、そちらを推奨したい、実用的なのは5㎜の細引きが良い。

まとめ:今回の練習方法は、会でも初めてで、今後役に立つ情報を習得して、会に広めて行きたい。
この練習の中から、クライミングを愛好する仲間が出てくるのを期待したい。


 

熱中症セルフレスキュー

熱中症セルフレスキュー 喜多緑地

開催日:8月11日(山の日)

メンバー:13名

場 所 :喜多緑地公園管理棟

内 容 :①山筋ゴーゴー体操とストレッチ

     ②体幹を意識した歩行。

     ③熱中症対策グッズの効果の確認

     ④熱中症対セルフレスキュー

感 想 :年2回、昼間例会として、講習会を実施している、今年は大変暑いので、登山での熱中症を、症状が悪くならない、回復方向に皆でレスキューを実施した。
今年初めてなので、上手くは出来ませんでしたが、継続して取組む必要がある訓練と思いました。

計画では屋外で行う予定でしたが、訓練で熱中症になりそうな天気なので、屋根のあるテラスで行いました。
体調が悪くなった人の、安静方法、ザックを利用して背もられを作る。
冷えたタオルで、首元を冷やす。濡れたタオルで仰ぐ。

 

立っておれず、地面に倒れる。

マットを敷く、うつ伏せから、仰向けに体を起こす。
安静姿勢を取る。重度と判断して、救急要請をする。

 

 

体調か悪化しない様、体を冷やす。
凍ったペットボトルを首、脇、足に置く。
タオルで仰ぐ。

 

まとめ:熱中症は、命を落とす危険な症状で、身近な登山の中で起こる可能性が有るので、訓練を継続して、応急処置が出来る仲間を増やしてゆきたい。