白馬山荘から白馬岳、鉱山道を下り蓮華温泉へパート3

白馬山荘から白馬岳、鉱山道を下り蓮華温泉

山行日:2021年9月23日~25日

メンバー:2名

アクセス:多治見ICから安曇野IC下車、国道148号線にて
平岩に向かい蓮華温泉に向かう。

コースタイム:9月23日
    蓮華温泉4:30⇒花園三角点9:10⇒朝日岳12:40⇒
朝日小屋13:30
9月24日
朝日小屋5:30⇒雪倉岳9:50~10:10⇒雪倉避難小屋10:30
⇒白馬岳13:30⇒白馬山荘13:50
9月25日
白馬山荘5:30⇒白馬岳5:40~5:50⇒鉱山道分岐10:30
⇒蓮華温泉10:30

コースMAP

報 告:白馬岳は今回で4回目の登山、白馬大池から、欅平
        でした、蓮華温泉からは初めて、鉱山道での下山は念願の
コースでした。

2泊3日の最終日、最高の天気です。昨日は小屋着いた時は、雲に覆われて、山が見えませんでした。今日は剱岳、白馬杓子岳が見えます。

杓子岳、白馬鑓ケ岳をバックに、最高の朝です。

 

5時に朝食を取って、5時半にご来光を求めてスタート。

 

四度目にして、頂上から白馬雪渓を見下ろす。

立山連峰と剣岳、そして隣に毛勝三山。

頂上からご来光を見る、多くの登山者。

白馬雪渓、今年は、飯豊石転沢雪渓、針ノ木雪渓、白馬雪渓を見た事になる。

天気が良い時の頂上の雰囲気は、和やかで大好きです。

白馬岳が、太陽の影になり、日本海に写しだされる、

 

日本海が微かに見える。

白馬岳の張り出した口ばしと、剱岳これが見れたのは感謝です。

小蓮華岳を眺めながら下山。

白馬大池への分岐、昨日と打って変わっての素晴らしい天気に感動。

白馬岳を振り返る。

鉢ケ岳と雪倉岳。
鉱山道分岐。

鉱山道の下山は絶えず、左に雪倉岳の裾野を眺めて歩く。紅葉シーズン最高です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

瀬戸川の仮設端。

 

 

蓮華温泉に戻って来ました。

3日間ともそうでしたが、午前は晴れていても、午後は雲が出ます。日本海からの湿った空気のせいかな。

 

朝日小屋から雪倉岳そして白馬岳 パート2

朝日小屋から雪倉岳そして白馬岳

山行日:2021年9月23日~25日

メンバー:2名

アクセス:多治見ICから安曇野IC下車、国道148号線にて
平岩に向かい蓮華温泉に向かう。

コースタイム:9月23日
    蓮華温泉4:30⇒花園三角点9:10⇒朝日岳12:40⇒
朝日小屋13:30
9月24日
朝日小屋5:30⇒雪倉岳9:50~10:10⇒雪倉避難小屋10:30
⇒白馬岳13:30⇒白馬山荘13:50
9月25日
白馬山荘5:30⇒白馬岳5:40~5:50⇒鉱山道分岐10:30
⇒蓮華温泉10:30

コースMAP

報 告: 23日に宿泊した朝日小屋は、噂通りの良い小屋
   でした。今日は蓮華岳から続く北アルプスを歩きます
素晴らしい天気で、雪倉岳の雄大さ、そして今まで天
気に恵まれなかった、白馬岳からの景色を堪能した。

朝5時の朝食、昨日予約した、おこわご飯を食べた。美味しかった。

昨日風に悩まされた、朝日岳を前に、板敷の登山道をスタート。
テント場は、すっかり撤収されてました。

 

 欅平から白馬岳に続く稜線が見える。その奥に見える尖った山は剱岳かな。

 

水平道か、朝日小屋見納め。

 

毛勝三山。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪倉岳の尾根を登る、振り返ると、朝日岳。

雪倉岳頂上。白馬岳をバックに。

白馬岳。

 

 

雪倉岳避難小屋。

 

 

 

 

 

鉢ケ岳と長池。

 

 

 

鉱山道への分岐。

鉱山道から登って来る登山者。

 

白馬大池分岐の三国境。

雪倉岳頂上では、白馬岳が綺麗に見えたが、近づくにつれて、雲が多くなってきている。

 

白馬頂上、雲が多くなり、景色は今一つ。

 

白馬山荘に14時頃到着。宿泊する場所は、ロールスクリーンで仕切られて、簡易的な個室になっています。コロナ対策がしっかりしている。
夕食まで時間が有るので、スカイプラザでビールを飲んでユックリする。、窓から白馬杓子岳が目の前に見えるはずだか、雲が多く見えず。
近くに座っている、男性二人が多治見の方でした、奇遇でした。

白馬山荘の夕食、ご飯がとても美味しかった。
明日は、最終日天気が良くなることを願う。

 

2泊3日の登山明日は最終日、パート3へ

 

五輪尾根より朝日岳そして白馬岳パート1

五輪尾根より朝日岳そして白馬岳

山行日:2021年9月23日~25日

メンバー:2名

アクセス:多治見ICから安曇野IC下車、国道148号線にて
平岩に向かい蓮華温泉に向かう。

コースタイム:9月23日
    蓮華温泉4:30⇒花園三角点9:10⇒朝日岳12:40⇒
朝日小屋13:30
9月24日
朝日小屋5:30⇒雪倉岳9:50~10:10⇒雪倉避難小屋10:30
⇒白馬岳13:30⇒白馬山荘13:50
9月25日
白馬山荘5:30⇒白馬岳5:40~5:50⇒鉱山道分岐10:30
⇒蓮華温泉10:30

コースMAP

報 告:白馬岳から雪倉岳、朝日岳縦走は、かねてからの
      行きたい山でした。
紅葉の時期を満喫しました。そして朝日小屋の
食事は噂通り美味しかったです。

多治見を22日20時頃出発、激しい雷雨で足止めになる。蓮華温泉には1時前に到着、仮眠をとり4時起床。駐車場は多くの車です。真っ暗なので良く分からない。

登山道の標識が少なく、キャンプ場周辺で、道を探した。上空は綺麗な星が見えた。

板張りの登山道が延々と続く、濡れて滑るので要注意。

 

兵馬ノ平湿原で、山に朝陽が当たる。

今日向かう、朝日岳方向の山。

春はさぞかし綺麗だろう、見慣れない花を発見。

 

 

 

ウメバチソウかな。

 

瀬戸川の橋を渡る。蓮華温泉から標高で約400m下った。

 

白高知沢、二つ目の橋を渡る。開けて明るい場所。

 

立派な橋。

ここから急登、標高350m一気に登る、そこが五輪高原。

五輪高原、今までと景色が一変。そして紅葉が素晴らしい。

 

花園三角点、雪倉岳をバックに。
名前の通り初夏は花園に覆われるのかな。

五輪尾根からは、雪倉岳が絶えず見える、方向によって表情が変わる。

 

五輪山方向。

 

シーズン最後を彩る花々。

 

 

 

 

 

吹上ノコルまでの登山道は、多く小さな沢を横切る、雪が多いのだろう、至所で水が噴き出している。

 

 

 

吹上ノコルに近づいてきた、朝日岳が目に入る。

吹上ノコル、栂海新道の分岐。来年は此処から日本海へ。

頂上手前雪が残っていた。

朝日岳頂上、とにかく風が強い、写真をとって、朝日小屋に向かう。

朝日岳西斜面を下り、朝日小屋に向かう。風がなく穏やかな秋を感じる。紅葉もとても綺麗だ。

小屋は目の前、草紅葉の中を歩く。

朝日小屋二つの小屋の間がテント場の様だ、数張テントが見える。

朝日小屋。

朝日小屋受付、女性主の清水さんが出迎えて貰った。風呂の椅子は、靴を履いたり、脱いだりするのに使う様だ。

 小屋は広い個室でした、明日は登山者が多い様です。今日はゆったり泊まれました。
多くの人が憧れる夕食、食事前にビデオで朝日岳の紹介が流れる。
夕食の品数の多さにビックリ、特に昆布締めの刺身と、ホタルイカの沖漬けが絶品でした。

翌日の雪倉岳から白馬岳は、パート3へ。

 

 

 

焼岳北峰

焼岳北峰

登山日 : 2021年9月19日

メンバー: 8名

アクセス: 多治見ICから中央道から長野道に入り、松本IC
を下車して、国道158号線で沢渡、中の湯に向
かう。今迄見た事の無い車の多さにビックリ
運良く、下山者の車の空に車を停めれた。

コースタイム:登山口9:00⇒広場10:30⇒下堀沢出合10:50⇒
   焼岳北峰12:20~13:10⇒広場13:50⇒登山口15:20

MAP

感 想 : 2020年4月に焼岳を目指したが天気が悪く途中
敗退以来の焼岳登山。前日までは天気が悪かったが、
何度も登っている焼岳の中で、一番の素晴らしい景色
と好天に恵まれた楽しい登山でした。
ビックリは、家に帰ってテレビニュースを見ると、
北アルプスで震度4の地震があった様だ、地震発生時間
が17時なので下山した後で本当に良かった。登山中に
起きていたらと思うと身震いする。2014年の御嶽山噴
火を思い出した。

 

車の多さにビックリ。

昨日の雨で、道はぬかるんでいる。
下山者も多くすれ違う、ご来光でも見に登ったのかな。

視界が開けてきた、紅葉も進んで来ている。

広場にもう少し、前方に焼岳が見えてきた。

広場到着、素晴らしい天気と景色に心躍る。

焼岳、北峰と南峰が見える。

明神岳から前穂高吊り尾根。

雲一つ無い青空。

霞沢岳。

噴煙が見えてきた。

 

 

 

 

乗鞍岳。

沢山の登山者。

噴煙が出ている所が、依然と違っている。

この景色が、良いよね。笠ヶ岳。

南峰。

焼岳の御鉢。

穂高岳の吊り尾根、何度見ても、あの場所に立ちたいと憧れる。

 

焼岳頂上より、槍ヶ岳、穂高連峰。西穂高山荘も綺麗に見える。
かなり前にこの景色を見て、焼岳から西穂高岳、奥穂高岳を縦走した、
事を思い出す。

槍ヶ岳、小槍も見える。

穂高岳、何度も登ったが、憧れの山。

焼岳小屋。

 

 

 

 

白山。

鷲羽岳かな。

笠ヶ岳。

霞沢岳

頂上の景色に大満足して下山。

 

 

木曽駒ヶ岳、上松から登る

  • 10月11日(日)台風14号開けの快晴。

メンバー:1名   男性

コースマップ

コースマップ

アクセス.コースタイム

中津川ICを下車して国道19号を上松町へ、小野の滝交差点を右折すると、木曽駒ヶ岳登山口の案内が要所要所にあるので迷う事はない。 駐車場は20台位停めれる、トイレは有るが、水道はない。

S上松Aコース登山口02:50  03:11敬神ノ滝小屋03:23  06:03金懸小屋06:16  10:55玉乃窪山荘10:58  11:29頂上木曽小屋11:29  11:38木曽駒ヶ岳11:47  11:53頂上木曽小屋11:54  12:12玉乃窪山荘12:27 12:43木曽前岳12:43  15:14金懸小屋15:22  16:43敬神ノ滝小屋16:44  16:44ゴール地点G

 

感想.情報

天気予報を見ると台風14号の心配無し、木曽駒ヶ岳に行くことを決めた。 コースは沢の増水の心配が少ない、上松Aコースに決めた。 登り10時間、体力と相談しながら登る事に決めた。 下山の日没は危険なので、朝3時から登る事に決めた。

自宅を1時に出て、駐車場に2時30分到着、星空がとても綺麗でした。

金懸小屋出前でヘッドライトを片付けた、小屋の周辺は紅葉の真っ盛りでした。 7合目辺りから、展望も良くなり、御嶽山と、麦草岳が特に素晴らしかった。 8合目付近で登り初めて7時間、疲れてが出て、休んでは、登るを繰り返した。 やっとの思いで木曽駒ヶ岳11時40分登頂、今までは数人の登山者に追い越されるだけで静かか登山でしたが頂上には、100人は越えるにぎやかな頂上でした。

日没迄、6時間のんびりしておれないので、写真を取って下山、今回はランチタイム無し、5~10分の休憩で栄養補給でした。 あいにく午前は快晴だったのに、午後はガスが出て、麦草岳の牙岩が写真に取れなかったのが残念でした。

8合目から敬神の滝の登山口迄は、ただ重力に任せて足が動く状態、40分に1回、5分の休憩を取って下山しました。 登山口に16時40分、駐車場に17時、なんとか、日没前に下山出来ました。

週に3回位、山筋ゴーゴー体操を9月初めから家に帰ったら初めました。 今回長丁場なので足が悲鳴をあげるか心配でしたが、月曜日、足何ともないです。 山筋ゴーゴー体操は登山に効果あります、トライして見て下さい。

写  真

登山口の敬神の滝小屋、トイレは建物の裏にある、綺麗でした。 暗いので直ぐには、登山口が分かりませんでした。

金懸小屋に到着、小屋はとても綺麗、表札が立派でした。

以前、多治見ろうざんの仲間で此処まで来て、泊まった記憶が有ります。その時と感じが違うので建替えしたようです。

小屋から見る御嶽山、朝陽で赤く染まって見える。

小屋の前の紅葉。

風越山は、紅葉で綺麗です。

風越山から三ノ沢岳に続く稜線。その奥に恵那山が見える。

三ノ沢岳と、紅葉。

遠見場、両側の木の間から御嶽山、乗鞍岳が見える。

御嶽山、裾野が此処まで広がって見える御嶽山は久しぶり。

七合目を過ぎて、今回見たいと思っていた、麦草岳と牙岩、牙岩は、木が邪魔してうまく写真が取れない。

麦草岳と乗鞍岳。

伊奈前岳分岐を、大ナギへ。ここは夏はお花畑になるようです。

紅葉が素晴らし。

 

大ナギの最鞍部は、崩壊が激しく慎重に通過した、水場が有るのは嬉しい。

大きく登り返し、山裾を進むと、木曽駒ヶ岳の全貌が目に飛び込む。

登山口から8時間、玉の窪小屋到着、疲労も限界近い、この先休んでは登るを繰り返した。

休みながら振り替えると、木曽前岳と、麦草岳、その奥に少し雲が掛かった御嶽山。

頂上到着、今までの静けさが、100人近い登山者の歓喜で頂上を埋め尽くす。

日没迄に約6時間、のんびりしておれない、写真を撮って下山開始、帰りは伊奈前岳に登って降りるコース。

伊奈前岳頂上、玉の窪小屋から見る姿と大違い、岩を飛び越して進む。

分岐到着。ここからは、ひたすら降りる。

16時45分、敬神の滝小屋、登山口到着。日没前に下山出来ました。跡20分駐車場まで

木曽駒ヶ岳頂上から見た山々

 

池田富士から朝焼け

9月12日、早朝に朝焼けを見に行きました。太陽は、雲で顔を出してくれませんでしたが、綺麗な朝焼けでした。

5時、恵那山の背後が赤く染まってきた。多治見の街明かり、まだ眠りの中。

雲で、太陽は拝めませんでした。

御嶽山、5時頃は雲が掛かってませんでしたが、5時45分雲が少し掛かって来ました、右に小さく見える山は八海山です。

多治見にも、こんな景色が楽しめる山があります。

 

三方岩岳から野谷荘司山

2020年8月29日 男性5名、女性5名

コースマップ

アクセス:記録

白川郷IC下車、ホワイトロード三方岩岳駐車場へ。

登山口→展望台→三方岩岳→馬狩荘司山→野谷荘司山 往復 行き150分 帰り90分 休憩沢山取りました。

情報・感想

ホワイトロードは、1300円の処、半額。

三方岩岳駐車場、トイレ有り、数少ない。

登山口。警察が、登山届けの提出指導。

標高1800m近いのに、とても暑かった。

写真

 

 

 

リンク

多治見ろうざん HP

http://tajimirouzan.main.jp/2020h/8.29sanpouiwatake/sanpouiwa.htm

               

加賀禅定道から白山

 

2020年8月1日~3日 メンバー 男性1名 単独

アクセス:記録

白鳥IC下車、R158、R157から瀬名の道の駅より、一里野スキー場へ。
走行時間3:30。
8/1 登山口⇒奥長倉避難小屋 5時間
8/2 避難小屋3:30 ⇒ 油池 ⇒ 四塚山 ⇒ 御手水鉢 ⇒ 大汝峰
   避難小屋へ往復 10時間
8/3 避難小屋 ⇒ 登山口 2時間30分

 

情報・感想

登山口は、スキー場より林道が続いている、終点が駐車場、駐車5台程度。
トイレはスキー場のトイレを使う。
水場は、油池から5分程度の場所にある。渇水期は注意。
避難小屋2階建て20人以上収容可、トイレは有る。
石徹白から白山、一里野と南北縦断がかなった。
人があまり入らないコースな事もあるのか、とにかく高山植物が沢山咲いている。ハクサンコザクラ群落は感動でした、又花の種類はとにかく多い。

写 真


奥長倉避難小屋

天池

百丈の滝

四塚山 ハクサンコザクラの群落