伊吹山

伊吹山
山行日:1月19日(木)
メンバー:2名
コースタイム:三之宮神社7:30⇒一号目⇒三合目9:30⇒五合目10:00⇒六合目避難小屋10:30⇒伊吹山12:00~12:40⇒六合目13:30⇒一号目⇒神社15:40
ルート図:MAP
報 告:
下界は何処も晴なのに、この山にだけ雲が・・・・
雪山の伊吹山が初めての仲間と来たので、無理せず登れる所までとガスガスで視界の悪い中歩いて来ました。何とか頂上まで登れました。
気温が上がらなかったので、雪は締まっていてアイゼンがよく効いて歩きやすかった。
今日の登山者は12名くらいでした。

三之宮神社、まったく雪は無し。

 

 

 

 

 

三合目あたりで雪。

 

 

 

六合目避難小屋で、アイゼン装着。

 

 

 

 

茶店が雪で半分埋まっている。

頂上の日本武尊の像。

 

 

初めて本番んで、ピッケルを握る。

 

無事下山しました。

南沢山から横川山

南沢山から横川山縦走
山行日:1月11日
メンバー:4名
コースタイム:ふるさと村自然園駐車場7:50⇒南沢登山口8:10⇒南沢山10:40⇒横川山11:40~12:30⇒南沢山12:50⇒駐車場14:50
ルート図:MAP
報 告:今年の初登りは、気になっていた南沢山から横川山縦走。
ふるさと自然園公園の登山者用駐車場を利用しました。登山口にも駐車場が有りましたが、道路が凍結していたので徒歩で10分位下の駐車場に駐車しました。
登山口から直ぐに10本歯アイゼンをつけましたが、半分くらいの登山者はチェーンアイゼンでした。トレースはシッカリあり、クリスマス寒波以来そんなに雪が降っていない様で、ワカン・スノーシューは必要有りませんでした。
最初は急な坂がありましたが、穏やかな坂が多く危険個所も無く安全で良い雪山でした。
今日は風も弱く、めっちゃ晴天で360度の展望を楽しみました。

駐車場。

登山口。

 

 

 

横川山方向。

 

南沢山頂上。

中央アルプス。

 

御嶽山。

白山。

乗鞍岳。

横川山。

 

 

 

横川山山頂。

 

富士見台から、恵那山。

南アルプス。

目の前に、南木曾岳。

 

無事下山しました。

局ケ頂

南伊勢 局ケ頂 「つぼねがちょう」
山行日:1月8日(日)
メンバー:2名
アクセス:多治見4:30=勝川IC=名古屋西IC=玉城IC下車=相賀浦漁港(伊勢南島線)8:00
コースタイム:駐車場9:00⇒相賀浅間山9:20⇒トンネルの頭10:00⇒局ケ頂10:35⇒西峰11:00⇒道行小峠11:20⇒塩竃浜11:45~12:10⇒赤石鼻13:40⇒網代浜14:00⇒米子浜14:30⇒ピーク15:20⇒相賀浦登山口15:35⇒駐車場15:40
ルート図:MAP
報 告: 
ヤマケイの12月号に三重県尾鷲の海道山が紹介されていて、これに関連して調べたら、南伊勢町に局ケ頂と言う山が紹介されていた。リアス式海岸の海の景色と小さな浜(プラベートビーチ)を周回するコースを、見つけたので行ってみました。
 相賀浦は狭い平らな場所に家が密集してその先は山、その先は海の場所です、駐車場を探していたら漁港の横に有料一日500円の駐車場が有りました。地域の老人が1日3回集金している様です。老人によると、SNSで人気が出て、車が多くなって駐車場を探した様です。
駐車場から見る相賀浦は心安らぐ景色です。

 

 昔の小学校のグランドの様、5台位すでに駐車。イカ釣りで人気が有るようです。

駐車場から見る、相賀浦。

正面が海ぼうず、小学校が体験施設になっている。

相賀浅間山。

相賀浦を見下ろす、中央の森の右側が駐車場。

 

 

 

山頂まで、幾つも小さなピークを登って山頂。

これから向かう、塩竃浜。

局ケ頂西峰。局ケ頂から先はトレースが薄くなってきた、余り登っていない様。

前方が塩竃浜、ウラジロが腰以上茂った急な下り。トレースはシッカリしているので、以前は登山者がいた様。

道行小峠。道行竈と言う集落に行く道と合流。

道行竈から以前は車で入って居た様。杉の植林。

浜まで降りてきた、木の間には魚具のゴミや、生活プラスチック。ゴミの山に目を覆いたくなる。

塩竃浜、碁石の様な砂利の浜。バギーだろうか、車で遊んだ様な轍が有る。
網代浜には、正面の山を登り越さないと着かない。

砂浜は黒なのに、見える岩は白い、足跡の様な凹凸の跡、不思議。白い岩の所で昼食。

 250m、一気に登る。ウラジロのブッシュを進。

標高250mピークから、塩竃浜が眼下に見える。

赤石鼻から、志摩方向を見る。

赤石鼻。

ここに来るのに、左は断崖絶壁の尾根を、墜落しない様足元をよく確認して来た。

網代浜に到着。此処こそプライベートビーチと言う感じ。

米子浜へは、海岸沿いの斜面を進。

米子浜。
此処から標高150m位登って、下ったところがゴール。

海が輝いている、網代浜と米子浜が小さく見える。

 

相賀浦到着、東海地震対策だろうか、色んな場所に階段が有る。

無事到着。まだ車が4台あった。
帰りにアスピア玉城と言う温泉に入用、コロナ対策か入場制限が有った、入浴は10人迄の様、気持ちの良い温泉でした。

 

甲斐駒ヶ岳

甲斐駒ヶ岳 黒戸尾根より

山行日: 1月3日(火)~4日(水)
メンバー: 単独
アクセス: 多治見3:00==駒ケ根SA==小渕沢IC
尾白渓谷駐車場6:40
コースタイム: 3日)駐車場6:45⇒宇竹駒ケ岳神社   ⇒笹平分岐9:35⇒刃渡り12:05⇒刃利天狗13:00⇒  5合目小屋跡13:50⇒屏風小屋跡14:00       ⇒七丈小屋15:30
4日)七丈小屋5:30⇒八合目6:40⇒駒ケ岳本宮神社⇒甲斐駒ヶ岳8:15⇒七丈小屋9:50~10:50⇒5合目小屋跡11:50⇒駐車場16:05

ルート図: MAP

報 告:黒戸尾根からの甲斐駒ヶ岳登頂は、かねてからの夢でした。正月3ケ日、山に登り続ける目標が叶う事が出来ました。

尾白渓谷駐車場に6時30分到着、日の出前。

駐車場に20台以上の車が駐車していた。

宇竹駒ケ岳神社。

登山口吊橋。

登山口。

分岐。

 

笹平分岐。

標高1600m石碑広場。

広場から、鳳凰三山の地蔵岳のオベリスクと富士山。

刃渡りから、八ヶ岳。

刃利天狗手前の、最初のハシゴ、鎖場。

刃利天狗。

五合目小屋跡、此処までなだらかな道が続いた。
急峻な登りが、目の前に。

難所には、神仏の石碑が沢山ある。そしてハシゴと、鎖、アイゼンを引っかけない様注意して登る。

第二の難関、標高150mをよじ登る。

 

七丈小屋到着。

小屋には、10名が宿泊。

夕食はカレーライス。

2階が寝室、一人一人カーテンで仕切られている。

私が寝る場所、シュラフ持参冬用を用意したけど、暖かいので夏用でも良かった。
朝早かったので、7時に就寝。
トイレが外なのが、チョットつらかった。

朝食の弁当。朝4時に食べた。

天気が良さそうだ、街明かりが綺麗に見える。

 

 

鳳凰三山が目の前に見える。

早川尾根。

ご来光が綺麗に見える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駒ケ岳神社本宮。霧出て視界不良。「山の天気予報」の猪熊さんの予報で、霧が出ると説明が有った、予報通りでした。小屋を4時に出ると頂上でご来光が見れた。

甲斐駒ヶ岳頂上、10分位待ったけどあきらめて下山。

 

七丈小屋に9時50分に到着、1時間掛けて身支度をした。

 

下りだけれど、9時間歩いた、長かった。

登山口から10分位の所に、尾白の湯がある。
露天風呂から、八ヶ岳が綺麗に見えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元旦 高社山

2023年高社山 元旦登山
山行日: 2023年1月1日
メンバー:18名
報 告:多治見ろうざんの、新しい年のスタートです。元旦登山のスタートは、20年以上の歴史があります。形態は変わりましたが、多治見の街を仰ぎ新年の御来光を願う気持ちは変わりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

藤原岳

藤原岳雪を楽しむ
山行日:12月30日(金曜日)
メンバー: 2名
アクセス:多治見==勝川IC==大安IC==大貝戸
6時に出て、2時間で到着。
コースタイム:登山口8:10⇒五合目9:20⇒八合目10:10⇒九合目10:30⇒藤原山荘11:00⇒藤原岳11:25⇒藤原山荘12:00~12:20⇒登山口13:50
ルート図: MAP
報 告: 今季の雪山は2回も中止になって、やっと登れました。雪山装備で登り始めるがアウター脱ぎ帽子脱ぎ手袋さえも脱ぎ8合目までは暑い暑い。アイゼンは8合目で装着。そこからはたっぷりの雪の急登の直登。山頂付近は濃いガスで何も見えません。風が強風頂上では写真を撮影して、藤原山荘でランチ、頂上に避難小屋が有る山は、冬は貴重ですね。小屋には沢山の登山者が楽しそうにランチを楽しんでいました。

 

 

 12月30日でも、満車状態皆、雪を楽しみたいのか。

 

神武神社、新年の準備。

二合目。

四合目、いつも休憩を取る場所。

 

 

五合目。

七合目あたりから、雪が多くなってきた。

 

八合目、ここでアイゼンを着ける。

 

 

 

 

 

 

九合目、ここが一番息が切れる。

 

 

 

 

 

 

 

藤原岳頂上、ガスで何も見えないけど、此処の雪は素晴らしい。

 

 

 

 

一年の締めとなる、登山を楽しめました。

 

 

 

 

 

 

 

各務原アルプス 金毘羅山

各務原アルプス 新雪を踏む
山行日:12月24日(土曜日)
単独登山
コースタイム:坂祝猿啄登山口8:10⇒猿啄城展望台8:45⇒明王山9:40⇒金毘羅山9:45⇒迫間不動奥の院10:25⇒迫間山10:40⇒勝山11:30⇒登山口12:00

ルート図: MAP

報 告: 24日は富士見台にて、雪山体験山行予定でしたが、天候不良で中止にしました。朝5時外を見ると初雪、道路は白くなってきた。中止にして良かったなと思うと半面、雪を楽しみたいと欲望が抑えられず、各務原アルプスに登る事にした。
  車窓から雪が激しく振る光景は、何年ぶりだろう、国道248がみるみる内に白くなってきた。
登山口到着、駐車場は誰も入っていない、真っ白。
何度も歩いたコースでも足跡の無い道を登るのは初めて。

 駐車場に8時到着、15cm位の雪、車の中で登山靴を履く。

登山口の階段。

降ったばかりの雪には、動物の足跡も無い、自分の足跡のみ。

 

 

展望台手前の、石碑も雪で石碑に見えない。

展望台、雪の中何も見えない。

 

鵜沼団地の登山口分岐。

 

明王山頂上、いつもなら沢山の登山者なのに誰も居ない。

各務原アルプス最高峰、金毘羅山384m。

 

 

 

 

迫間不動奥の院。

迫間山。

関の街並みも、雪化粧。

帰りは、北尾根を降りる。

 

猿啄展望台。

 

駐車場到着。

自宅に2時到着、明日の家族のクリスマス会、庭の除雪。
鎌倉を作ってみる。

貴船山 鞍馬

貴船山 京都鞍馬
山行日:2022年11月29日(月)
メンバー: 2名
アクセス:多治見JR5:25=名古屋=米原=京都=東福寺=出町柳京阪電鉄9:10=鞍馬比叡電鉄10:00
コースタイム:二ノ瀬駅10:50⇒大岩夜泣峠分岐⇒貴船山三角点⇒貴船山12:40~13:00⇒ショウトカット分岐13:20⇒奥貴船橋14:30⇒貴船神社15:00⇒バス停15:15

ルート図: MAP

報 告:京都の紅葉と山、計画は雲取山から貴船山でしたが、鞍馬駅にタクシーが居ると思っていたら、居ないタクシー電話しても繋がらない結果、貴船山だけ登る事にした。貴船山は眺望が全くなく寂しかった。途中からショウトカットして貴船神社に降りた、林道が見えるが、倒木が多く乗り越えるのに一苦労した。
貴船神社は奥社から中社、本社を紅葉を眺めながら歩いた、平日だけど多くの観光客がいた。
出町柳まで戻り、鴨川を歩いた、のんびりとした空気がとても心地よかった。四条祇園まで歩いた。
帰りは、のぞみで帰る、駅でライトアップした京都タワーを初めて見た。

鞍馬駅に到着、家を出て5時間、10時に到着。雲取山にはタクシーを利用の予定が、タクシーおらず。確認不足。

鞍馬の天狗。

 

比叡電鉄の電車。もみじのトンネルは、時期が遅かった。

二ノ瀬駅から、貴船山に向かう。

 

杉に植林の中をひたすら、登る。

夜泣峠の分岐。

杉の植林から、クヌギだろうか、広葉樹の森になった。

少し見晴らしが良くなってきた。

樋ノ水峠

貴船山三角点。

 

鞍部になって、開けた場所。落葉で踏み後が分らない、よく見たらテープが有った。

 

貴船山山頂、眺望無。

トレースが有るのでショウトカット、最初は良かったけど、林道が見えるあたりから、杉の倒木が密集していて、抜け出すのに一苦労する。

 

滝谷峠分岐に到着。あまりショウトカットにならなかったかも?

貴船神社奥の院。

中社。

紅葉がまだ綺麗でした。

貴船川、川にパイプが埋まっているので、夏は舞台でも作るのだろうか?

貴船神社、神社の中は多くの人がいた。

 

貴船神社バス停から、貴船駅まで利用した。

出町柳到着して、鴨川を歩きたくなった。川には鳥が沢山羽を休めていた、芝生やベンチでには多くの人が休んで見えた。

 

帰りは、のぞみを利用して帰ります。
京都タワー、夜のライトアップ、初めて見るけど綺麗でした。

 

 

 

 

熊伏山

熊伏山 静岡・長野の県境
山行日:2022年11月25日
メンバー: 単独
コースタイム:青崩峠駐車場7:50⇒建次屋敷跡8:00⇒林道終点⇒青崩峠8:10⇒青崩の頭9:00⇒三角点⇒前熊伏山9:50⇒熊伏山10:10⇒同じ道を下る⇒駐車場12:40

ルート図: MAP

青崩古道入口。

信州街道「塩の道」

古道の石畳

 

 

 

 

 

 

 

熊伏山頂上 標高1,653m。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰路、東京へ向かう、新清水JCにて、富士山。

 

 

鳩吹山から紅葉の寂光院

鳩吹山から紅葉の寂光院
山行日:2022年11月21日
メンバー:単独
コースタイム:大脇登山口9:25⇒鳩吹山10:00⇒
石原登山口11:30⇒継鹿尾山12:10~12:40⇒
寂光院13:00

ルート図:

報 告:毎年恒例の鳩吹山から継鹿尾山縦走。紅葉はまだ早いかなと思いながらも、先延ばしすると行くタイミングをのがしてしまうので出かけました。
雨あがりの登山道は、濡れて滑りやすいので、いつもよりユックリ歩きました。
久し振りの鳩吹山は気持ち良かった。すれ違ったのは10人くらいかな?
継鹿尾山東屋でランチタイム。寂光院の紅葉は最盛期を迎えて真っ赤でした。

 

 

今日は大脇登山口から。

かっては、あの岩を登るバリエーションルートが有りました。色んなルートがあり楽しむ事が出来ましたが、一般道以外は立入禁止となりました。ちょっと残念です。

鳩吹山頂上、御嶽山。

恵那山。

 

鳩吹山頂上。

木曽川。右が可児市、左が美濃加茂市。

 

 

木曽川を挟んで、各務原アルプス、明王山。

 

石原登山口。

 

継鹿尾山山頂、東屋。

犬山遊園の先に木曽川、川の向こうの山が伊木山。

 

寂光院に降りてきた。

 

 

 

 

 

 

 

綺麗の一言。

大平山かな?
寂光院を後に犬山遊園駅まで歩きます。

名鉄電車に乗って、可児川駅で下車して、鳩吹山駐車場まで戻ります。