鈴鹿山脈 野登山から仙ケ岳

6鈴鹿山脈 野登山から仙ケ岳

4月7日 水曜日 快晴

メンバー:男2名、女性2名

アクセス:多治見ICから小牧ICその後名二環から名古屋西ICに入り、鈴鹿IC下車。坂本棚田に向かう。

コースタイム:

地 図 : MAP

   多治見ろうざんの、5月の会山行を、鈴鹿山脈の、仙ケ岳に決めた。その下見山行を行った。

 名二環状線が集中工事で、90分遅れで、坂本棚田山の駅駐車場に到着。平日なのでがら空きです。トイレもあって、助かります。

 

 駐車場の正面は公園になってます。ミニ滝です。

集落の道を歩きます。三重oy県の中部なので、陽気が良いのか、玉ねぎが多くなっていた。

 

 登山道の、入口には、獣道余のゲートがありました。野登寺の参道でもあり、地蔵様が沢山有りました。

 

 だんだん滝と標識、ここを渡る。

 参道だけあって、歩きやすい登りが続く。

 標高600m地点、見晴らしが良い広場、此処で一休み。

 野登寺に続く道路に出会う、そこを横切り登山道を進む。

 ヤブツハキかな、沢山咲いている、今まで杉と植林が続いていた。

 

 デッカイ、プロペラかな?、台風で倒れたのだろう。

 そのすぐ横に、きょう登る、仙ケ岳がみえる。

 国見平、きょうは空気がすんでいて、伊勢湾がきれいにみ

 野登寺山門に到着、スタートが90分遅れたので、寺には寄らない。歴史のある、寺の様だ。

 ミツマタが綺麗に咲いていた。手入れされているようで、姿がキレイ。

 野登寺の境内の道、大木の杉が沢山ある。

 野登山頂上、山頂の標識がなく、少しさ迷った。此処で昼食タイム。

 ドウダンツツジだと思いますが、大きな木が沢山周囲にある。此処までは、バイクでも来れる様です。

 昼食を食べて、しばらく舗装された林道を下る。仙鶏尾根コースの標識がある。杉の植林の下りを降りる。

 昨日の雨のせいもあり、急坂を滑りながら下り、アンブに到着。

 鶏のトサカの様な尾根の登り降りが始まる。もうアカヤシオが咲いていました。

 仙ケ岳方向。

 アカヤシオト、タムシバ。

 イワウチワ。風は少し強いげど、清々し春を満喫。

 

 アカヤシオの、隙間から鈴鹿の山。

 ツツジは種類が多くて、良くわからないけど、レンゲツツジ。

 アセビの木の先に、仙ケ岳に続く尾根。

 痩尾根を慎重に通過する、疲れはあまり感じない。

 鈴鹿の春は、花が疲れを癒してくれるから良いです。

 大きな、岩壁がトウセンボ、ペンキで左に巻くよう表示。

振り返ると、野登山、どっしりとした山姿は、見ごたえ有り。

 

 広い尾根に出るとホットする。

 仙ケ岳はもう少し、見晴らしの良い、大岩の尾根を登る。

 仙ケ岳東峰の仙の石、デッカイのと、良く転けないに感心。

 東峰の巨石郡、本峰には一旦下って登り返す。

 仙ケ岳到着、鈴鹿かでは、アルブス感があって、景色も最高なのに、あまり知られていないのか、平日と行っても、ほとんど登山者に会いませんでした。雨乞岳か綺麗にみえます。

 丁度、地元の登山者が、頂上で遭遇、この辺りのこと、良く知ってみえた。お願いして、シャッター。

鎌ケ岳をばつくにポーズ。

 きょうは、本当に天気が素晴らしい、綿向山の頂上の巨大なケルンが良くわかる。

  帰りにバイカオオレンの群落発見。

 

  ミツマタ尾根の分岐到着。変化があるので、歩いていても飽きません。予定では、野登山に戻る予定でしたが、ミツマタ尾根の方が、早く降りれそうなのでルート変更。

明るい、尾根を下る右は雑木林。

 テレビでも、紹介していた、ミツマタの群落。とにかく沢山ある。時期かおそいので、花が白くなっているのが残念です。

 わずかに、黄色ミツマタを見る事が出来ました。

 林道を約30分位歩いた、道が未舗装だけど、大きな石もなく歩きやすい。坂本棚田に、入る前に、獣よけゲートを通る。5月の田植えの時期は、田んぼに張られた水で輝いているだろう。

 5時前に戻ってこれた。長閑な里を振り返る。

 

YouTubeで振り返る クリック

つぶやき

 仙ケ岳をメインで登った事が少ないのか、この山の記憶は薄い、小岐須渓谷から沢登りで登った時は、ヒルの記憶しか無い。宮妻渓谷から入道岳から宮指路岳経て仙ケ岳も縦走路の記憶。             3年前に、鈴鹿山脈最南端の油日岳から鎌ケ岳を縦走した。鈴鹿峠から安楽越を越えて、御所平、仙ケ岳とたどり着いた時に、何度か訪れた仙ケ岳が、この山の魅力を再認識させてくれた。天気が良かった事もあるが、仙ケ岳は鈴鹿山脈に有りと、思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です