雪崩事故防止講習会 栂池

 雪崩事故防止講習会 栂池
東海ブロック講習会
開催日:1月14日(土)、15日(日)
メンバー:多治見2名、みのハイキングクラブ2名
        ふわく1名、クララ1名

報 告:多治見を3時に出発して、栂池高原の鷲の家に7時に到着。レセプションを受けて実技講習会。講習会はゴンドラを利用して、栂池自然園近くで実施した。初日は雪崩を引き起こしやすい雪質の観察、長さ2m、高さ1.8m雪の断面を掘って観察。雪崩を誘引する雪の弱層のテストを何度も繰り返し行った。その後、雪崩ビーコンの使用方法から、埋没者を探査する方法として、電波誘導法、ファインサーチ、エアポートアプローチ、ビーコンで埋没者探査の方法、プロブを使って、スパイラルプローブング繰り返し練習した。
翌日は、スキー場近くの公園にて実習、最初にシャベルにて、埋没者の張り出しを3人グループで行った。早く掘りだすにはチームワークが重要でした。昨日練習したエアポートアプローチ距離を60m位離れた所から埋没者を探す練習、最初は3分以上掛かったが、2回目は2分を切る事が出来た、
二日間の集大成として、6人でコンパニヨンレスキューを実施した。リーダ、ビーコン探査、シャベル・プロブ、記録報告の役割を決めた、リーダーの指示のもと捜索の練習を行った、担当を交替して4回くらい練習をした、時間との勝負なので、やって見ると色々混乱して思う様に出来なかった。捜索開始から埋没者の救出迄を15分が課題、これはとても困難な事だけど、重要な課題、それを体験出来た。三種の神器(ビーコン、シャベル、プロブ)が命の道具と理解し、練習の積み重ねが重要と認識した、実技講習会でした。

ゴンドラの駅に、ビーコンチェッカーが設置されていた。

練習場所に向かう。

全員で雪質断面観察の、ピット堀。

昨日の雨と、気温が高いので、ルーペや刷毛を使って観察したが、雪質は良く分からなかった。
断面をハンドテストで、指先からグー、ペンシルと雪の方さを確認した。

 

雪の層毎の温度の測定、今回は雪の断面ごとの特性は図れなかったが、温度が低く測定の条件が良いと、下に行くほど温度が高くなることが分かる。

シャベルコンプレッションテスト(CT)、弱層を確認する事は出来なかった。
30cm角の柱を掘起こして、テスト。

CTで弱層が確認出来た時、横への伝達を知るために、エクステンディッドコラムテスト(ECT)を行う。30cm、90cm。シャベル、スノーソ、ワイヤーが必要。

ビーコンの取扱い、サーチ(SEARCH)とセンド(SEND)をグループチェックの練習後、ビーコンの電磁波に沿って、歩く練習。

ビーコンで埋没者の捜索、捜索距離を広げながら練習。

3人グループで、埋没者の掘起こし。

これだけの広さを掘るのに5分要した。

埋没者の搬出、ヒューマンチェーンや、ログロールを練習。

 

 

コンパニオンレスキュー。

ビーコンで、ファインサーチご、プロブでスパイラルプロービング、埋没者を発見。

 

講習会、繰り返し練習が出来たので、講習会の内容が良く理解出来ました。この練習は継続が重要と思いました。

 

 

御在所岳

御在所岳 1月会山行
開催日:1月15日(日)
メンバー: 15名
コースタイム:鈴鹿スカイライン冬季ゲート8:00⇒藤内小屋9:00⇒国見峠11:30⇒御在所岳12:00~12:30⇒国見峠13:00⇒藤内小屋15:00⇒冬季ゲート16:00
ルート図: MAP
報 告:  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伊吹山

伊吹山
山行日:1月19日(木)
メンバー:2名
コースタイム:三之宮神社7:30⇒一号目⇒三合目9:30⇒五合目10:00⇒六合目避難小屋10:30⇒伊吹山12:00~12:40⇒六合目13:30⇒一号目⇒神社15:40
ルート図:MAP
報 告:
下界は何処も晴なのに、この山にだけ雲が・・・・
雪山の伊吹山が初めての仲間と来たので、無理せず登れる所までとガスガスで視界の悪い中歩いて来ました。何とか頂上まで登れました。
気温が上がらなかったので、雪は締まっていてアイゼンがよく効いて歩きやすかった。
今日の登山者は12名くらいでした。

三之宮神社、まったく雪は無し。

 

 

 

 

 

三合目あたりで雪。

 

 

 

六合目避難小屋で、アイゼン装着。

 

 

 

 

茶店が雪で半分埋まっている。

頂上の日本武尊の像。

 

 

初めて本番んで、ピッケルを握る。

 

無事下山しました。

南沢山から横川山

南沢山から横川山縦走
山行日:1月11日
メンバー:4名
コースタイム:ふるさと村自然園駐車場7:50⇒南沢登山口8:10⇒南沢山10:40⇒横川山11:40~12:30⇒南沢山12:50⇒駐車場14:50
ルート図:MAP
報 告:今年の初登りは、気になっていた南沢山から横川山縦走。
ふるさと自然園公園の登山者用駐車場を利用しました。登山口にも駐車場が有りましたが、道路が凍結していたので徒歩で10分位下の駐車場に駐車しました。
登山口から直ぐに10本歯アイゼンをつけましたが、半分くらいの登山者はチェーンアイゼンでした。トレースはシッカリあり、クリスマス寒波以来そんなに雪が降っていない様で、ワカン・スノーシューは必要有りませんでした。
最初は急な坂がありましたが、穏やかな坂が多く危険個所も無く安全で良い雪山でした。
今日は風も弱く、めっちゃ晴天で360度の展望を楽しみました。

駐車場。

登山口。

 

 

 

横川山方向。

 

南沢山頂上。

中央アルプス。

 

御嶽山。

白山。

乗鞍岳。

横川山。

 

 

 

横川山山頂。

 

富士見台から、恵那山。

南アルプス。

目の前に、南木曾岳。

 

無事下山しました。

局ケ頂

南伊勢 局ケ頂 「つぼねがちょう」
山行日:1月8日(日)
メンバー:2名
アクセス:多治見4:30=勝川IC=名古屋西IC=玉城IC下車=相賀浦漁港(伊勢南島線)8:00
コースタイム:駐車場9:00⇒相賀浅間山9:20⇒トンネルの頭10:00⇒局ケ頂10:35⇒西峰11:00⇒道行小峠11:20⇒塩竃浜11:45~12:10⇒赤石鼻13:40⇒網代浜14:00⇒米子浜14:30⇒ピーク15:20⇒相賀浦登山口15:35⇒駐車場15:40
ルート図:MAP
報 告: 
ヤマケイの12月号に三重県尾鷲の海道山が紹介されていて、これに関連して調べたら、南伊勢町に局ケ頂と言う山が紹介されていた。リアス式海岸の海の景色と小さな浜(プラベートビーチ)を周回するコースを、見つけたので行ってみました。
 相賀浦は狭い平らな場所に家が密集してその先は山、その先は海の場所です、駐車場を探していたら漁港の横に有料一日500円の駐車場が有りました。地域の老人が1日3回集金している様です。老人によると、SNSで人気が出て、車が多くなって駐車場を探した様です。
駐車場から見る相賀浦は心安らぐ景色です。

 

 昔の小学校のグランドの様、5台位すでに駐車。イカ釣りで人気が有るようです。

駐車場から見る、相賀浦。

正面が海ぼうず、小学校が体験施設になっている。

相賀浅間山。

相賀浦を見下ろす、中央の森の右側が駐車場。

 

 

 

山頂まで、幾つも小さなピークを登って山頂。

これから向かう、塩竃浜。

局ケ頂西峰。局ケ頂から先はトレースが薄くなってきた、余り登っていない様。

前方が塩竃浜、ウラジロが腰以上茂った急な下り。トレースはシッカリしているので、以前は登山者がいた様。

道行小峠。道行竈と言う集落に行く道と合流。

道行竈から以前は車で入って居た様。杉の植林。

浜まで降りてきた、木の間には魚具のゴミや、生活プラスチック。ゴミの山に目を覆いたくなる。

塩竃浜、碁石の様な砂利の浜。バギーだろうか、車で遊んだ様な轍が有る。
網代浜には、正面の山を登り越さないと着かない。

砂浜は黒なのに、見える岩は白い、足跡の様な凹凸の跡、不思議。白い岩の所で昼食。

 250m、一気に登る。ウラジロのブッシュを進。

標高250mピークから、塩竃浜が眼下に見える。

赤石鼻から、志摩方向を見る。

赤石鼻。

ここに来るのに、左は断崖絶壁の尾根を、墜落しない様足元をよく確認して来た。

網代浜に到着。此処こそプライベートビーチと言う感じ。

米子浜へは、海岸沿いの斜面を進。

米子浜。
此処から標高150m位登って、下ったところがゴール。

海が輝いている、網代浜と米子浜が小さく見える。

 

相賀浦到着、東海地震対策だろうか、色んな場所に階段が有る。

無事到着。まだ車が4台あった。
帰りにアスピア玉城と言う温泉に入用、コロナ対策か入場制限が有った、入浴は10人迄の様、気持ちの良い温泉でした。

 

甲斐駒ヶ岳

甲斐駒ヶ岳 黒戸尾根より

山行日: 1月3日(火)~4日(水)
メンバー: 単独
アクセス: 多治見3:00==駒ケ根SA==小渕沢IC
尾白渓谷駐車場6:40
コースタイム: 3日)駐車場6:45⇒宇竹駒ケ岳神社   ⇒笹平分岐9:35⇒刃渡り12:05⇒刃利天狗13:00⇒  5合目小屋跡13:50⇒屏風小屋跡14:00       ⇒七丈小屋15:30
4日)七丈小屋5:30⇒八合目6:40⇒駒ケ岳本宮神社⇒甲斐駒ヶ岳8:15⇒七丈小屋9:50~10:50⇒5合目小屋跡11:50⇒駐車場16:05

ルート図: MAP

報 告:黒戸尾根からの甲斐駒ヶ岳登頂は、かねてからの夢でした。正月3ケ日、山に登り続ける目標が叶う事が出来ました。

尾白渓谷駐車場に6時30分到着、日の出前。

駐車場に20台以上の車が駐車していた。

宇竹駒ケ岳神社。

登山口吊橋。

登山口。

分岐。

 

笹平分岐。

標高1600m石碑広場。

広場から、鳳凰三山の地蔵岳のオベリスクと富士山。

刃渡りから、八ヶ岳。

刃利天狗手前の、最初のハシゴ、鎖場。

刃利天狗。

五合目小屋跡、此処までなだらかな道が続いた。
急峻な登りが、目の前に。

難所には、神仏の石碑が沢山ある。そしてハシゴと、鎖、アイゼンを引っかけない様注意して登る。

第二の難関、標高150mをよじ登る。

 

七丈小屋到着。

小屋には、10名が宿泊。

夕食はカレーライス。

2階が寝室、一人一人カーテンで仕切られている。

私が寝る場所、シュラフ持参冬用を用意したけど、暖かいので夏用でも良かった。
朝早かったので、7時に就寝。
トイレが外なのが、チョットつらかった。

朝食の弁当。朝4時に食べた。

天気が良さそうだ、街明かりが綺麗に見える。

 

 

鳳凰三山が目の前に見える。

早川尾根。

ご来光が綺麗に見える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駒ケ岳神社本宮。霧出て視界不良。「山の天気予報」の猪熊さんの予報で、霧が出ると説明が有った、予報通りでした。小屋を4時に出ると頂上でご来光が見れた。

甲斐駒ヶ岳頂上、10分位待ったけどあきらめて下山。

 

七丈小屋に9時50分に到着、1時間掛けて身支度をした。

 

下りだけれど、9時間歩いた、長かった。

登山口から10分位の所に、尾白の湯がある。
露天風呂から、八ヶ岳が綺麗に見えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元旦 高社山

2023年高社山 元旦登山
山行日: 2023年1月1日
メンバー:18名
報 告:多治見ろうざんの、新しい年のスタートです。元旦登山のスタートは、20年以上の歴史があります。形態は変わりましたが、多治見の街を仰ぎ新年の御来光を願う気持ちは変わりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

藤原岳

藤原岳雪を楽しむ
山行日:12月30日(金曜日)
メンバー: 2名
アクセス:多治見==勝川IC==大安IC==大貝戸
6時に出て、2時間で到着。
コースタイム:登山口8:10⇒五合目9:20⇒八合目10:10⇒九合目10:30⇒藤原山荘11:00⇒藤原岳11:25⇒藤原山荘12:00~12:20⇒登山口13:50
ルート図: MAP
報 告: 今季の雪山は2回も中止になって、やっと登れました。雪山装備で登り始めるがアウター脱ぎ帽子脱ぎ手袋さえも脱ぎ8合目までは暑い暑い。アイゼンは8合目で装着。そこからはたっぷりの雪の急登の直登。山頂付近は濃いガスで何も見えません。風が強風頂上では写真を撮影して、藤原山荘でランチ、頂上に避難小屋が有る山は、冬は貴重ですね。小屋には沢山の登山者が楽しそうにランチを楽しんでいました。

 

 

 12月30日でも、満車状態皆、雪を楽しみたいのか。

 

神武神社、新年の準備。

二合目。

四合目、いつも休憩を取る場所。

 

 

五合目。

七合目あたりから、雪が多くなってきた。

 

八合目、ここでアイゼンを着ける。

 

 

 

 

 

 

九合目、ここが一番息が切れる。

 

 

 

 

 

 

 

藤原岳頂上、ガスで何も見えないけど、此処の雪は素晴らしい。

 

 

 

 

一年の締めとなる、登山を楽しめました。

 

 

 

 

 

 

 

各務原アルプス 金毘羅山

各務原アルプス 新雪を踏む
山行日:12月24日(土曜日)
単独登山
コースタイム:坂祝猿啄登山口8:10⇒猿啄城展望台8:45⇒明王山9:40⇒金毘羅山9:45⇒迫間不動奥の院10:25⇒迫間山10:40⇒勝山11:30⇒登山口12:00

ルート図: MAP

報 告: 24日は富士見台にて、雪山体験山行予定でしたが、天候不良で中止にしました。朝5時外を見ると初雪、道路は白くなってきた。中止にして良かったなと思うと半面、雪を楽しみたいと欲望が抑えられず、各務原アルプスに登る事にした。
  車窓から雪が激しく振る光景は、何年ぶりだろう、国道248がみるみる内に白くなってきた。
登山口到着、駐車場は誰も入っていない、真っ白。
何度も歩いたコースでも足跡の無い道を登るのは初めて。

 駐車場に8時到着、15cm位の雪、車の中で登山靴を履く。

登山口の階段。

降ったばかりの雪には、動物の足跡も無い、自分の足跡のみ。

 

 

展望台手前の、石碑も雪で石碑に見えない。

展望台、雪の中何も見えない。

 

鵜沼団地の登山口分岐。

 

明王山頂上、いつもなら沢山の登山者なのに誰も居ない。

各務原アルプス最高峰、金毘羅山384m。

 

 

 

 

迫間不動奥の院。

迫間山。

関の街並みも、雪化粧。

帰りは、北尾根を降りる。

 

猿啄展望台。

 

駐車場到着。

自宅に2時到着、明日の家族のクリスマス会、庭の除雪。
鎌倉を作ってみる。

田原アルプス

田原アルプス  12月会山行
山行日:2022年12月10日
参加メンバー: 18名
アクセス:マイクロバス利用
        豊川IC下車、田原市衣笠自然公園
コースタイム:自然公園9:20⇒稲荷神社9:50⇒赤松山
 10:30⇒不動滝10:50⇒恐竜の背11:15⇒滝頭山
11:20⇒仁崎峠11:40~12:10⇒衣笠山12:50⇒
桟敷岩13:10⇒滝頭公園14:10

ルート図: MAP

報 告:12月なのを忘れるような、暖かい陽気でした。空も雲がほとんどなく素晴らしい天気、そしてサザンカのピンクがとても綺麗でした。
なにより、衣笠山から富士山だ見えた、今年最後の富士山が、会山行で見れて、きっと来年も良い年になるでしょう。

 

衣笠自然公園に到着。

稲荷神社。

 

避難小屋になっているけど、山仲間の憩いの場所かな?

 

渥美半島の根本、暖かいのかな、スイセンが咲いている。

 

稲荷山、幾つもピークが有って、其処には山の名前が付けられている。

赤松山。

 

 

歩きやすい道。

たらめ新道、急な下り、唯一アルプス感がある場所。

衣笠山。

清頭不動。

清頭不動滝、水量が少ないのが寂しい。

滝の上部、此処は秋らしい。

今日一番のキツイ、登り。

恐竜の背から見た、風景。

 

 

 

仁崎峠。

 

 

 

峠を少しの盛った、広い道で昼食。

 

衣笠山頂上。

 

 

富士山が見えた。

 

 

桟敷岩からの展望。

 

 

 

 

サザンカが綺麗に咲いていました。

戻って来ました。