双六岳、鷲羽岳、水晶岳

北アルプス、双六岳、鷲羽岳、水晶岳を行く

山行日:9月8日(水)~10日(土)

メンバー:3名

アクセス:多治見==松本駅==新穂高登山口

コースタイム:(8日)新穂高8:30⇒笠新道登山口⇒わさび平小屋⇒秩父沢出合⇒鏡平山荘⇒双六小屋16:00
(9日)双六小屋4:00⇒双六岳⇒三俣蓮華岳⇒三俣山荘⇒鷲羽岳⇒水晶小屋⇒水晶岳⇒ワリモ分岐⇒岩苔乗越⇒三俣山荘15:00
(10日)三俣山荘⇒双六小屋⇒弓折乗越⇒鏡平山荘⇒わさび平小屋⇒新穂高登山口14:30

新穂高登山指導センター

 

 

 

笠新道登山口を越して、秩父沢迄林道を進。

鏡平から、槍ヶ岳。

穂高三山と大キレット。

南岳から槍ヶ岳。

双六小屋到着。

 

鷲羽岳。

三俣小屋

 

 

水晶岳。

 

 

 

 

 

 

医王山

医王山(いおうぜん)鳶岩コース

山行日:9月17日(土曜日)

メンバー:4名

アクセス:多治見6:00==可児御嵩IC==福光IC==国道304医王トンネル==国見ヒュッテ9:00

コースタイム:登山口9:10⇒豊吉川徒渉点10:00~10:30⇒鳶岩11:20~11:25⇒白兀山13:15~13:30⇒夕霧峠14:00⇒登山口15:00

ルート図:

 

報 告:金沢市民を中心にハイキングを楽しむ山です。其処にバリエーションルートが有ります、劔岳の様に、カニの横ばい、カニの竪ばい、鎖の連続のコースが有ります。表銀座縦走の前トレに良いかと思い行って来ました。以前と思うと鎖は新しくされて安心でした、カニの横ばいは、岩が濡れている所が多く、チェストハーネス、カラビナでの自己ビレイが効果を発揮し全員無事通過出来ました。カニの縦ばいは、標高差約100mがズート、鎖の連続の登りです、今回は天気も良く、岩が乾いていて、フォールドもしっかりしていて、安心して登れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

十勝岳

北海道、十勝岳

山行日:9月3日(土曜日)

メンバー:5名

コースタイム:望岳台登山口6:20⇒避難小屋⇒十勝岳9:50⇒避難小屋⇒登山口13:10

ルート図

 

報 告北海道遠征2日目、朝から晴天。望岳台駐車場は満車でした。
 途中の山肌から噴煙が帯状に並んで吹き上げてたなびき、雄大な景観でした。尾根に登るとしばらくは緩やかな登山道が続き、写真を撮ったり、景色を眺めたりと、余裕のある楽しい登山道でした。
下山途中で遭難者の救助場面に遭遇しました。
ヘリはまもなくやってきて、それでも救助にかなり時間がかかっていました。状況からみて多分心肺停止状態で運ばれたと思いました。滑落や転倒ではないように思いました。

 

 

 望岳台登山口。

 

 

 

 

避難小屋からの景色は抜群

 

美瑛岳

美瑛岳

目指せ頂上

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

十勝岳・富良野岳・美瑛岳 札幌千歳空港 1800円おまかせ丼

空港で食べた、海鮮丼。

 

新千歳空港。

大雪山旭岳から黒岳縦走

北海道遠征、大雪山旭岳から黒岳縦走

山行日:9月2日(金)

メンバー:5名

アクセス:9月1日セントレア7時の飛行機にて、新千歳空港に向かう、東京の会員と合流。
空港からレンタカーを利用、途中美瑛の四季の丘を観光して、大雪山山麓の旭岳温泉大雪山荘に宿泊。

コースタイム:ロープウェイ6:30=姿見駅6:45⇒旭岳石室⇒ニセ金庫岩⇒旭岳8:40~9:00⇒荒井岳⇒松田岳⇒北海岳⇒キャンプ場13:00⇒黒岳石室⇒黒岳13:40~14:00⇒七合目リフト15:00

ルート図

報 告:台風の影響で天気が悪い中、北海道は晴天でした。
 旭岳は山頂では吹き飛ばされそうな暴風。頂上では眺望は有りませんでしたが、30分程下山するとガスがはれて来ました。その後は快晴の中、縦走を楽しむ事が出来ました。

美瑛の四季の丘や富良野チーズ工房で美味しいピザを食べました。

ラベンダー。

始発の旭岳ロープウェイ

6時30分の始発のロープウェイ、天気が心配。

姿見駅はガスガス

山頂駅、ガスの中。

旭岳を目指す。

山頂までは吹き飛ばされそうな爆風でした。

旭岳、強風とガスで視界無。

すっかりガスの晴れた旭岳

下山したらガスが切れて来た。旭岳。

白雲岳

白雲岳。

北海岳から、旭岳を望む。

紅葉始まってる

紅葉が始まっている。

 

 

草紅葉の絨毯。

チングルマの綿毛が眩しい。

 

 

 

増水時は渡渉注意

 

黒岳石室避難小屋

黒岳、石室避難小屋。

 

 

ここからリフトで下山。

 

 

 

 

 

大日ヶ岳 9月会山行

大日ヶ岳 9月会山行

開催日:9月11日(日曜日)

参加者:桧峠から大日ヶ岳コース14名
スキー場から大日ヶ岳コース4名

アクセス:マイクロバス利用、可児御嵩IC
     より白鳥IC下車、桧峠登山口へ
      その後ダイナランドスキー場へ。

コースタイム:桧峠7:45⇒大日ヶ岳11:45
スキー場8:25⇒大日ケ岳11:40

報 告:9月会山行、不安定な気候の中、天気に恵    まれた、多治見ろうざんには、晴れ男がいるからです。今回は担当が晴れ男なので、効果はテキメンでした。
会山行もマイクロバスを利用が出来た、これもコロナに負けない体力の持ち主がメンバーなのも有るのかな?と思う。
マイクロバス利用ならではの計画、大日ケ岳に2コースからの集中登山、自分の体力、登りたいコースが選べる。

 

 

桧峠登山口。

 

スキー場から。見下ろす。

 

 

 

高鷲スノーパーク合流点付近。

 

 

 

 

 

 

 

野伏ケ岳と長刀岳。

 

 

帰りは全員、スキー場へ降りて来ました。

 

 

 

大菩薩嶺

8月会山行 大菩薩嶺

山行日:8月20日(土曜日)

メンバー:17名

アクセス:レンタカー8人乗り2台、5人乗り1台にて実施。多治見を5時出発、勝山IC下車して、1台は、東京在住組をJR甲斐大和駅へ迎えに行く。その後登山口へ。

コースタイム:上日川登山口9:40⇒福ちゃん荘10:10~10:20⇒雷岩11:30⇒大菩薩嶺11:40⇒雷岩11:50~12:30⇒賽の河原12:50⇒大菩薩峠13:10⇒福ちゃん荘14:00⇒登山口14:20

ルート図: MAP

報告:最近の天気は判断が難しい。テレビ等の天気予報だと、曇り、雨で富士山は見えそうにないと判断してしまう。雨も降りそうだし中止にしようかとなる。
最近は、山専門の確かな情報を参考にしている。「登山天気」と「山の天気予報」の情報を今回総合判断した。15時迄雨雲はかからない、薄曇りと判断して、登山を実施。
福ちゃん荘から大菩薩嶺直接ルート、周囲が展望が良い場所に出ると、富士山が目に飛び込んできた。私もそうですが、皆が喜んでくれて本当に良かった。
天気の判断は本当に難しい。

 上日川登山口、駐車場は第3駐車場、満車状態。多くの登山者で賑わっている。

 

タマゴ茸。

 

 

福ちゃん荘。

 

 視界が開けると、富士山が飛び込んできた。

 富士山に傘雲、15時まで天気が持つかな。

 

 

 

 雷岩。

 

大菩薩嶺、頂上。

 

甲府の街。

ここから、大菩薩峠までは、稜線歩き。

 

 

 

 

 

 

賽の河原。

避難小屋。

 

 

 

 

大菩薩峠

 

 

 

 

 福ちゃん荘にあったお土産、ヨゲンノタマゴ、気になる名前。味が良く染みて美味しかった。

雨に降られず、戻ってこれました。
帰りは、近くの大菩薩温泉に入浴、ツルツルした気持ちの良い温泉でした。
 温泉で購入した430円のブドウ美味しかった。きっと農園で買ったらもと美味しいブドウが買えたかも。

 今年度会山行、中止無、9月も出来ますように。

定光寺岩トレ

岩場の登り方下り方と、
ナイロンスリングを使った確保

実施日:7月9日、8月17日

参加者:10名(7日)、9名(17日)

ゲレンデ: 定光寺岩場

実施内容:①ナイロンスリングでチェストハーネス
②トップロープで確保して、岩場の登り
方、下り方。
     ③急斜面にロープを張り、クレムハイス
      ト、プルージックで登る、下る。
④鎖場をカラビナ2丁使って通過。

報 告:秋に記念山行で表銀座縦走を計画している、9月末なので、雪の心配、凍結の心配と、危険要因があるので、安全対策として計画を実施。併せて、会の基本装備にナイロンスリング、カラビナを入れているが、その使用方法について合わせて実施した。

 チェストハーネスに安全環付カラビナをセットして、トップロープを掛けて、安全確保して練習。
手元、足元のホールドを確認し、三点支持を考えて登る。
下りは特に岩から体を話して、足元を確認し下る。

 

 

 10kg位の重さのザックを背負って練習。

クサリ場の通過の練習。

 クレムハイストとプルージックで登り降り。

 ロープが8.5㎜なので、細引きが6㎜だと、ブレーキがかかりにくい。6㎜だと、プルージックの方が良い。
 クレムハイストは片手で出来るので、そちらを推奨したい、実用的なのは5㎜の細引きが良い。

まとめ:今回の練習方法は、会でも初めてで、今後役に立つ情報を習得して、会に広めて行きたい。
この練習の中から、クライミングを愛好する仲間が出てくるのを期待したい。


 

熱中症セルフレスキュー

熱中症セルフレスキュー 喜多緑地

開催日:8月11日(山の日)

メンバー:13名

場 所 :喜多緑地公園管理棟

内 容 :①山筋ゴーゴー体操とストレッチ

     ②体幹を意識した歩行。

     ③熱中症対策グッズの効果の確認

     ④熱中症対セルフレスキュー

感 想 :年2回、昼間例会として、講習会を実施している、今年は大変暑いので、登山での熱中症を、症状が悪くならない、回復方向に皆でレスキューを実施した。
今年初めてなので、上手くは出来ませんでしたが、継続して取組む必要がある訓練と思いました。

計画では屋外で行う予定でしたが、訓練で熱中症になりそうな天気なので、屋根のあるテラスで行いました。
体調が悪くなった人の、安静方法、ザックを利用して背もられを作る。
冷えたタオルで、首元を冷やす。濡れたタオルで仰ぐ。

 

立っておれず、地面に倒れる。

マットを敷く、うつ伏せから、仰向けに体を起こす。
安静姿勢を取る。重度と判断して、救急要請をする。

 

 

体調か悪化しない様、体を冷やす。
凍ったペットボトルを首、脇、足に置く。
タオルで仰ぐ。

 

まとめ:熱中症は、命を落とす危険な症状で、身近な登山の中で起こる可能性が有るので、訓練を継続して、応急処置が出来る仲間を増やしてゆきたい。

沢上谷

沢上谷(ソウレ谷)沢登り

山行日:2022年8月6日(土曜日)

メンバー:9名

アクセス:レンタカー5人乗り2台。多治見5時出発、高山IC下車し国道158にて、丹生川ダムに向かう。入渓点と退渓点に車を置いて沢登。

コースタイム:入渓9:10⇒岩洞滝10:30⇒蓑谷大滝11:30~12:00⇒退渓点13:40

ルート: MAP

 

報 告:前日まで天気が不安定で、実行するのか不安がよぎる中、1週間天気を眺めて来た自信で、決行した。天気は快晴、水量も程々あり、今年初めての沢を楽しんだ。
沢の装備を去年、今年と購入した仲間がおり、どうしてもやりたかった。本当に良かった。

 

入渓点のプリウス。先客が2台も有った。

 

入渓、思ったより冷たくない。

最初は慣れないせいか、恐る恐る横断。

 

 

ここを泳ぐ元気者は無し。

 

 

滑滝が気持ちいい。

 

 

 

岩洞滝。

皆満足そう。

 

 

 

蓑谷大滝。此処で昼食。天然クラーで、食欲湧きます。

 

高巻。

 

高巻して、約30m位ロープを伝って下り、滑滝に生還。

 

 

 

 

 楽しい一日でした。
この後、丹生川ダムを越して、荒城湯恵比寿に入浴、源泉の冷泉がとても心地よかった。

 

記念山行 巻機山

夏季記念山行 巻機山

山行日:2022年8月30日(土曜日)

メンバー:13名

アクセス:前日谷川岳登り、15時過ぎに下山して
湯テルメ谷川温泉にて汗を流し、巻機山登山口近くの上田屋に宿泊して翌日、巻機山に登る。
下山は、石打から国道353にて津南町に出て、国道117にて飯山に向かい、その後長野道を経て多治見に向かう。

コースタイム:桜坂登山口5:40⇒五合目7:00⇒七合目⇒前巻機山9:50⇒避難小屋10:00⇒御機屋10:40⇒巻機山11:00⇒避難小屋11:50~12:00⇒五合目14:40⇒登山口15:40

ルート図: MAP

報 告:

 

 29日谷川岳下山後、上田屋に17時過ぎ到着。宿泊は多治見ろうざんのみ。

 夕食、鮎の天ぷらに、山菜。南魚沼のお米、とても美味しかった。
 今年は異常気象、夜は涼しいのでしょう、クラー・扇風機無、とても暑かった。

 

翌日30日朝、4時30分朝食。

 5時に出発。

 5時20分、桜坂登山口駐車場に到着、第1、第2駐車場満車、第4駐車場に停める。

5時20分出発。

 

 

 

 

6合目までは、樹林の中を登る。

 

7合目。

 

キンコウカ。

 

最高の天気です。

 

 

 前巻機山。

 

 素晴らしい景色。

 キンコウカとワタスゲ。

 

 9合目避難小屋、中と外にトイレが有る。

 

米子沢源頭付近の残雪、とても気持ちが良い。

 ハクサンコザクラ。

 

カラマツソウ。

 イワイチョウ。

イワカガミ。

 ハルリンドウ。

 ニッコウキスゲもわづかでしたが咲いていました。

前巻機山を振り返る。

 

 

 

 

 

巻機山山頂付近の池塘。

 

巻機山頂上。

 

 

 

 

14時30分下山。金城の里にて入浴。
その後、石打から国道353にて津南町に入り、国道117にて、飯山市に入り、長野道を経て多治見に帰りました。
春の四国記念登山、今回の夏の谷川岳・巻機山記念登山と天気に恵まれ最高でした。
次回秋の記念登山北アルプス、燕岳から槍ケ岳、表銀座縦走、お楽しみに。