田原アルプス

田原アルプス  12月会山行
山行日:2022年12月10日
参加メンバー: 18名
アクセス:マイクロバス利用
        豊川IC下車、田原市衣笠自然公園
コースタイム:自然公園9:20⇒稲荷神社9:50⇒赤松山
 10:30⇒不動滝10:50⇒恐竜の背11:15⇒滝頭山
11:20⇒仁崎峠11:40~12:10⇒衣笠山12:50⇒
桟敷岩13:10⇒滝頭公園14:10

ルート図: MAP

報 告:12月なのを忘れるような、暖かい陽気でした。空も雲がほとんどなく素晴らしい天気、そしてサザンカのピンクがとても綺麗でした。
なにより、衣笠山から富士山だ見えた、今年最後の富士山が、会山行で見れて、きっと来年も良い年になるでしょう。

 

衣笠自然公園に到着。

稲荷神社。

 

避難小屋になっているけど、山仲間の憩いの場所かな?

 

渥美半島の根本、暖かいのかな、スイセンが咲いている。

 

稲荷山、幾つもピークが有って、其処には山の名前が付けられている。

赤松山。

 

 

歩きやすい道。

たらめ新道、急な下り、唯一アルプス感がある場所。

衣笠山。

清頭不動。

清頭不動滝、水量が少ないのが寂しい。

滝の上部、此処は秋らしい。

今日一番のキツイ、登り。

恐竜の背から見た、風景。

 

 

 

仁崎峠。

 

 

 

峠を少しの盛った、広い道で昼食。

 

衣笠山頂上。

 

 

富士山が見えた。

 

 

桟敷岩からの展望。

 

 

 

 

サザンカが綺麗に咲いていました。

戻って来ました。

高社山から根本城址

高社山から根本城址
多治見ろうざん、忘年登山

山行日: 2022年12月3日(土)
メンバー: 25名
コースタイム:普賢寺9:00⇒高社山10:00⇒天望台10:10⇒高社神社⇒根本城址11:20⇒元昌寺墓地11:30

ルート図: MAP

報 告:多治見ろうざん、忘年登山。多治見の里山を歩きました。参加者が25名で、今年初めてお会いする会員も見えて、良かったです。
高社山に隣接する、根本城址にも足を延ばしました。此処は甲斐武田の配下の若尾氏の領土だったそうです。
地域の方に、多治見の歴史を体験してもらえる様に、広まれば良いなと思います。

普賢寺の大イチョウの木

 

 

 

 

 

多治見の街が一望。

 

 

 

 

 

 

 

 

貴船山 鞍馬

貴船山 京都鞍馬
山行日:2022年11月29日(月)
メンバー: 2名
アクセス:多治見JR5:25=名古屋=米原=京都=東福寺=出町柳京阪電鉄9:10=鞍馬比叡電鉄10:00
コースタイム:二ノ瀬駅10:50⇒大岩夜泣峠分岐⇒貴船山三角点⇒貴船山12:40~13:00⇒ショウトカット分岐13:20⇒奥貴船橋14:30⇒貴船神社15:00⇒バス停15:15

ルート図: MAP

報 告:京都の紅葉と山、計画は雲取山から貴船山でしたが、鞍馬駅にタクシーが居ると思っていたら、居ないタクシー電話しても繋がらない結果、貴船山だけ登る事にした。貴船山は眺望が全くなく寂しかった。途中からショウトカットして貴船神社に降りた、林道が見えるが、倒木が多く乗り越えるのに一苦労した。
貴船神社は奥社から中社、本社を紅葉を眺めながら歩いた、平日だけど多くの観光客がいた。
出町柳まで戻り、鴨川を歩いた、のんびりとした空気がとても心地よかった。四条祇園まで歩いた。
帰りは、のぞみで帰る、駅でライトアップした京都タワーを初めて見た。

鞍馬駅に到着、家を出て5時間、10時に到着。雲取山にはタクシーを利用の予定が、タクシーおらず。確認不足。

鞍馬の天狗。

 

比叡電鉄の電車。もみじのトンネルは、時期が遅かった。

二ノ瀬駅から、貴船山に向かう。

 

杉に植林の中をひたすら、登る。

夜泣峠の分岐。

杉の植林から、クヌギだろうか、広葉樹の森になった。

少し見晴らしが良くなってきた。

樋ノ水峠

貴船山三角点。

 

鞍部になって、開けた場所。落葉で踏み後が分らない、よく見たらテープが有った。

 

貴船山山頂、眺望無。

トレースが有るのでショウトカット、最初は良かったけど、林道が見えるあたりから、杉の倒木が密集していて、抜け出すのに一苦労する。

 

滝谷峠分岐に到着。あまりショウトカットにならなかったかも?

貴船神社奥の院。

中社。

紅葉がまだ綺麗でした。

貴船川、川にパイプが埋まっているので、夏は舞台でも作るのだろうか?

貴船神社、神社の中は多くの人がいた。

 

貴船神社バス停から、貴船駅まで利用した。

出町柳到着して、鴨川を歩きたくなった。川には鳥が沢山羽を休めていた、芝生やベンチでには多くの人が休んで見えた。

 

帰りは、のぞみを利用して帰ります。
京都タワー、夜のライトアップ、初めて見るけど綺麗でした。

 

 

 

 

南木曾岳

南木曾岳
山行日:2022年11月24日
メンバー: 単独
コースタイム:蘭登山口10:20⇒下山道分岐10:50⇒南木曾岳13:00⇒避難小屋13:10~13:30⇒摩利支天13:50⇒分岐15:00⇒登山口15:30

ルート図:MAp

登山口。

 

 

 

 

 

 

 

南木曾岳頂上。

 

 

御嶽山、薄らと、乗鞍岳。

 

赤い避難小屋と、中央アルプス。

摩利支天。

 

 

 

 

紅葉の両神山

紅葉の両神山
山行日:2022年11月2日
メンバー:3名
コースタイム:両神山荘8:00⇒清滝小屋10:30⇒
両神神社11:30⇒両神山12:00~12:50⇒清滝小屋  13:50⇒両神山荘15:40
ルート図:

報 告:全国旅行割を利用して両神荘に泊まり、紅葉を狙って両神山に行って来ました。
眺望のあまり無い樹林の登山道でしたが、時折向かいの山の紅葉を見れました。谷沿いの登山道は渡渉が数回あり、谷底高低差がかなりあるスリルな場所も有りました。
清滝小屋からは鎖場がいくつか続きました。
両神神社があり一対の狛狼が迎えてくれました。
山頂は狭いですが、抜群の眺望で360度遮るものがない大パノラマが展開していました。

 

両神山荘。

 

気持ちの良い登山道。

左側は谷底、まるで下の廊下。

 

 

 

 

清滝小屋。

紅葉が美しいい。

鎖場が幾つも有りました。

両神神社。

狛狼の あ

狛狼の うん

 

もうすぐ剣が峰山頂。

富士山。

両神山剣が峰。

 

 

 

両神山荘到着。