母袋烏帽子山

県連行事

岐阜県連 雪山歩行講習会 母袋烏帽子山

山行日:2月4日(日曜日)
メンバー:7名 あるぱいんKANI4名、大垣8名、みのハイキングクラブ5名
アクセス:可児御嵩ICから岐阜大和IC下車し、母袋温泉スキー場に向かう。
スキー場、温泉共営業していない。
コースタイム:駐車場9:05⇒母袋キャンプ場9:10⇒林道分岐9:25~9:30⇒お助け水10:30⇒1296ピーク11:30⇒母袋烏帽子岳12:35~13:10⇒駐車場13:30

ルート図

感 想

当初は、1月21日に開催予定でしたが、天候不良により、2月4日に変更になりました。日程変更により、参加者が減りました。加盟7団体の内、4団体参加でした。
天気は、朝は薄曇りでしたが、10時を過ぎたあたりから、青空が見える様になりました。気温も冬と言うよりも、春を感じる天気でした。楽しい登山が出来ました。
雪山歩行技術講習会が目的の登山としては、雪が少なく、殆ど練習にはなりませんでした。そんな中でも、アイゼン歩行や、ワカンの歩行を練習しました。
ワカン歩行では、トレースの無い場所でワカンの感触を体験してもらいました。
アイゼンは、アイスバーンや、急な登りや、下りを、アイゼンの爪を利かせて歩く練習をしたかったが、出来なかったのが残念です。
アイゼン、ワカンを着けるのを、緊張もあるのか、うまく着けれない人もいました。私は基本を教えてあとは自分で遣って見ることが大事と思っているので、少し手を掛けすぎと思いました。アイゼンを購入して、今日が本番の人は、登山店でアイゼンと靴を調整してもらって、本番。歩いているとアイゼンがしっくりこない、アイゼンを外してみて見ると、調整が出来ていませんでした。登山用品店は、購入者に安全に使用できる様、提供する物と思っていましたが、それが出来ていないことに、登山店も昔の用品店は、アイゼンを買うにも、経験、どんな山を登るのかなど、コミニュケーションしながら購入したものでした。さみしさを感じました。

報 告

母袋スキー場駐車場、雪が無く営業していません。
トイレは利用出来ませんでした。

トトロの宿、寂しいスキー場に、ほんのりする、空間。

トトロ。

ねこバス。小さい子いたら喜ぶだろう。

中が休憩所になっている様です。

キャンプ場の道を通て行きます。

林道分岐で、アイゼンを装着。
経験が、アイゼンのセット時間、しっかりつける技術が出来てくる。

10分で購入したばかりのアイゼンが、靴にあっていない。アイゼンを外して、靴に合わせるように調整。今日の様に陽気な天気だから良いもの、悪天候ならと思う。

白樺の道、名前のわりに、白樺が少ない。

アイゼン調整してからは、快適に歩いている。

 

青空が見えてきた。

急登。

吹き溜まりになる場所は、雪があるが。とたん落葉の道になる。

ワカンのでトレースの無い所を、歩いてもらった。とっても気持ちよさそう。

トレースの無い場所を歩いて見るよう、進めると。ノートレースを歩く物の、すぐそばしか歩いていない。

御嶽山が見えた。

頂上のすぐ下に、トイレが有る。
糞尿の回収はどうやってしているのだろう?

 

多治見ろうざん、メンバー。

頂上から見える景色。

母袋烏帽子岳山頂。

講習会参加メンバー集合。

御嶽山をバックに。

帰りは、まるで春の陽気です。

 

全員、何事も無く、下山しました。

寄り道

道の駅古今伝承の里やまと

【公式】道の駅古今伝授の里 やまと  郡上 大和PA やまと温泉 やすらぎ館 (gujo-yamato.jp)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました